LINEに込められた女の“ラブサイン”を見逃すな

国内の利用者が5000万人を突破したLINE。最近では職場でも気軽に使われるケースが増えてきた。しかし! 業務連絡だけで終わらせるのはもったいない! LINEを使えば社内恋愛に持ち込むのは実にカンタンなのである!

◆メッセージに込められた女のラブサインを見逃すな!

 これまで紹介してきた「LINEで社内恋愛・完全マニュアル」(http://nikkan-spa.jp/600102)の集大成として、女からのラブサインの見抜き方をお伝えしよう。

 脈ありの場合のメッセージのやりとりと、脈なしの場合を比較したものを画像化した。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=600234

LINE まず、「女の好意はスタンプに表れる」を肝に銘じてほしい。全国の22~35歳OL100人に調査したところ、7割が、「好意を持っている相手には、かわいいスタンプを送りがちになる」と回答。逆に、「どうでもいい相手には、かわいくないスタンプを送りがち」と過半数が回答した。検証のため、優香さん(26歳)に気になる男とそうでない男に送ったスタンプを見せてもらったところ、気になる男には「キティちゃん」や「リラックマ」を送る率が高く、どうでもいい男には「浦安鉄筋家族」などのキモ系スタンプを送っていることが判明した。

「好きな人には、相手にもわかる有名なかわいいキャラものを送りますね。かわいい女アピールです」(優香さん)

 また、好きな相手にはラリーが続くよう、「?」で終わるメッセージが多くなったり、自分を理解してほしい気持ちから、文面が長くなるのも特徴。好意がない場合、「へ~」などの適当な相づちで済ませ、早く切り上げようとする。

 もう一つ、見逃せないのが「既読スルー」されるか否か、である。

「気になる相手には、既読スルーしたと思われないよう気を使う。『後でちゃんとした返信するね』って送ったり」(検証協力/茜さん・25歳)

 ラブサインを発見したら、社内だろうと臆することはない。男なら、リアルな関係へと突き進め!

取材・文/東賢志・昌谷大介(A4studio)江沢洋 加藤カジカ 島影真奈美 清水芽々 撮影/佃大平 アンケート協力/ファストアスク
― LINEで社内恋愛 完全マニュアル【4】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中