日本最大の女装イベントを立ち上げた、若き女性起業家の狙い

ジャンルや露出媒体の多様化で、コンセプトと売り出し方次第で誰でもブレイクする可能性が高くなった昨今。そんな芽のある女性たちの原石を各ジャンルからピックアップし、ここに一挙紹介!

◆ビジネス部門

MOCAさん

MOCAさん

 日本最大の女装イベント「プロパガンダ」を21歳で立ち上げたMOCAさん。現在は、風林会館の会場管理や女装サロンバー「女の子クラブ」などの運営を行う会社の経営者だ。もともとは「10代で銀座のホステスを経験。その後、Webデザイナーとして就職したものの朝起きられず、すぐに退職した」という。集団に馴染めず、高校も通信制。そんな彼女の心を支えたのが、インターネットだった。

「15歳からネットアイドルとして活動し、オフ会を開いたりしていました。その延長で小遣い稼ぎができないかと思い、ヒットしたのがプロパガンダだったんです。自分が社会不適合者なので、マイノリティのカルチャーにはすごく思い入れがあります。カルチャーで革命を起こそう!みたいな(笑)」

 健康保険料が上限になったため、2年前に事業を法人化。経営者として敏腕を振るい、ゴールデン街のサイトやキャラクター制作など、新規ビジネスを次々と手掛けている。

「本当はアーティストになりたかったんですが、貧乏なのにアートだけやっている人にはなりたくなかった。でも、私の考えでは経営もアートなんですよ。美しい仕組みをデザインすることは創造力がなきゃ出来ない。今の目標は女装カルチャーのパリへの輸出!」

 女装カルチャーの申し子、かつ異端経営者が、世界を “プロパガンダ”する日も近い?

【MOCAさん】
起業家。’86年生まれ。株式会社UNI(ユニ)の代表取締役。デザイン、プログラミング、映像、漫画、キャバレー跡地の会場管理、イベント、店舗経営、コスプレ通販などを手掛けている。http://uni-web.jp

プロパガンダ

毎月最終土曜日に開催される都内最大級の女装イベント。MOCAさんの事業が軌道に乗ったきっかけ

●女装ニューハーフ プロパガンダ
http://propaganda-party.com/

取材・文/宮崎智之
― [ニッチ・ブレイク女]を青田買い!【1】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中