20~60代1000人が回答!上司が「ボトルネック」を「ボルトネック」と発言したときの“大人なふるまい”は?

大人,マナー「大人とは何か?」、「マナーとは何か?」を、各世代がどう考えているのか明らかにしようと、JT「大人たばこ養成講座」が、全国の男女1000人に“大人やマナーについての価値観を問う”質問を実施。その調査結果を「OTONA 100の?」として、「大人たばこ養成講座」ウェブサイト(http://www.jti.co.jp/tobacco-world/torikumi/otonatobacco/hundred/)で公開した。各質問には「大人養成講座」や「大人力検定」でおなじみの石原壮一郎氏がコメントを述べているが、調査結果はどんなものだったのか?

 例えば「ハメをはずす、ハシゴをはずす、どっちが大人?」という質問には、各世代とも6割近くが「ハメをはずすほうが大人である」と回答している。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=603711


大人,マナー 石原氏によれば、「ハメをはずしても誰かに大きな迷惑がかかることはありませんが、ハシゴをはずしたら、はずされたほうはたまったもんじゃありません。『ハシゴをはずす』にも半分近い票が集まったのは、ちょっと意外でした。『必要に応じて非情な決断をできるのが大人』という憧れがあるのでしょうか」とのこと。

大人,マナー 小差ではあるが、20代、30代のほうが「ハシゴをはずすほうが大人」と回答した割合が多いのは、彼らが就職氷河期を経験するなど、入社前から厳しい競争を強いられているせいかもしれない。逆にバブル期を生き抜いてきた世代は、「ハシゴをはずす」という足の引っ張り合いよりも、「ハメをはずす」ほうが好きなのかも。ことあるごとにバブル世代が語る当時の数々の武勇伝も、基本的には、“ハシゴをはずした話”ではなく、飲み会でどれだけ無茶をしたかという“ハメをはずした話”だ。

 ほかにも、「上司が『ボトルネック』を『ボルトネック』と言っている。どうする?」という質問では、各世代とも6割以上が「気づいていないフリを貫く」と回答。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=603710


大人,マナー これについて石原氏は、「上司というのは、カタカナ語を間違って覚えている生き物です。指摘してあげてムッとされたら割に合いませんが、スルーしたとしても、あとで本人が間違いに気づいて『なんで教えないんだ!』と叱られる展開になりかねません。言うも地獄、言わぬも地獄。だったら果敢に指摘して、『おお、そうか。ありがとう』と感謝されるかもしれないわずかな可能性に賭けましょう」とアドバイス。

大人,マナー どちらかといえば、上司の間違いは指摘してあげたほうがいいようだ。こちらも若い世代のほうが、「間違っていると指摘する」と回答した割合が多い。若い世代ほど、相手が上司だろうとハッキリとモノを言う傾向にある。とはいえ、指摘の仕方には注意したい。「自分も、たまに『ボトルネック』を『ボルトネック』って言い間違えちゃうんですよねー」と、あくまでも勘違いではなく、言い間違いですよね?という助け舟を出し、上司の面子に配慮すべきだ。

 ちなみに、「飲み会で上司が『今日は無礼講』と言っている。大人らしいと思う行動は?」という質問では、各世代とも約5割が「心の中で不満を述べる」と回答したが、残りの5割は仕事上もしくは仕事以外での不満を述べると回答した。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=605537


大人,マナー 石原氏いわく「大人の世界に真の『無礼講」はありません。しかも『今日は無礼講だ』なんて言い出す上司ほど、ささいな無礼にカチンと来て、しかも根に持ちます。かといって、心の中で不満を述べるだけだと、上司は『俺がせっかく無礼講だって言ってるのに』と不満を抱くでしょう。ここは、仕事以外での無難な不満(会社の近所のラーメン屋がマズイなど)を述べて、上司を満足させておくのが大人のサジ加減です』とのこと。

大人,マナー イマドキ「今日は無礼講だ!」という上司がいるかはわからないが、もし遭遇したら、無難な不満を口にして、上司に無礼講気分を味わわせるしかないだろう。間違っても、自身の仕事の不満はもちろん、上司のライバルの悪口は避けるべき。ライバルの悪口を口にすれば上司は喜ぶかもしれないが、上司派と思われるのが得かどうかはわからない。会社や仕事に関する不満は避け、飲み屋での失敗体験に関する不満など、自身をおとしめつつ不満を述べ、何なら上司にアドバイスを乞うような感じであれば、無礼講上司も満足してくれるだろう。

 同サイトでは、こんな大人についての価値観が満載だ。そのとき自分はどうふるまったら大人なのか? 参考にしてみてはどうだろう。 <文/日刊SPA!取材班>

●JT「大人たばこ養成講座」OTONA100の?
http://www.jti.co.jp/tobacco-world/torikumi/otonatobacco/hundred/

関連記事

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中