家賃半額の事故物件に住むのは損か?得か?

日刊SPA!「噂の[激安商品]を試した!」特集では、ルンバやマッサージなど5本の激安商品をレビューしたが、今回はさらにスケールアップ。事故物件や金融車などある意味「ヤバすぎるため、安くて当たり前!」な商品をガチで試して、その実力度を検証してみた!

◆前入居者が浴室で自殺!家賃半額の事故物件に住む
『激安賃貸物件』2万6000円


森氏

ルポライターの森氏。著書は体験記『事故物件に住んでみた!』(彩図社)等

 事故物件は、相場よりも格段に安く入居できるが、気味悪がって躊躇する人も少なくない。しかし、ルポライターの森史之助氏は、あえて「50代男性が浴室で自殺した部屋」を選び、現在も住んでいる。

「以前住んでいた団地の取り壊しに伴い、早急に明け渡す必要がありました。経済的に苦しかったので、友人に相談したら“訳アリ物件は?”と言われ、その手があったかと」

 森氏が契約したのは、かつて公団住宅と呼ばれた「UR」賃貸物件。都心から電車で約30分の立地にある団地で1K35平方メートル、家賃は通常5万2000円のところ、半額の2万6000円と破格だ。

「URの場合、事故物件は“特別募集住宅”と呼ばれ、入居してから一定期間は家賃半額です。UR都市機構のHPにも物件情報が載っていますよ。今では事故物件を専門に扱うサイトもありますし、一般的な賃貸物件サイトでも“告知事項”でキーワード検索し、実際に問い合わせて事故物件とわかることもあります」

 霊的なものは意に介さないと言う森氏だが、「当初はさすがに気になった」とか。

「前の入居者と思しき人が“本当にココでいいのか?”と出てくる夢を何度も見ました。だから入居当初は浴室を常に清潔にして、たまに缶ビールを供えてました。今は夢も見なくなり、普通にお風呂も使っています」

 ただし、事故物件に住むデメリットもないわけではない。

「友達が寄り付かなくなりました(笑)。あと、隣の人が騒音が聞こえるといって何度かクレームをつけにきたのですが、音も立ててないし私には聞こえない。実際何もしていないんです。ただ、割引期間の1年も終わってしまい、引っ越しを考えたいと思ってます。当然、割安な事故物件は第一候補ですよ」

 心霊現象や隣人からのクレームに対応できる強いハートの持ち主なら、この値ごろ感はお得かも!?

【オススメ度:4】★★★★☆☆
霊感が強い人はもちろん、友人を部屋に招く機会が多い人には向かない。住むなら値段・間取り・事故内容もさまざまなので、考慮して選ぶべし

【森史之助氏】
ルポライター。著書は体験記『事故物件に住んでみた!』(彩図社)等

― [ヤバすぎる激安商品]を試す!【2】 ―

事故物件に住んでみた!

通常の「お部屋探し」では味わえない恐怖とスリルに満ちたものだった……。

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中