アクシデント率が高い激安海外LCCに乗ってみた

日刊SPA!「噂の[激安商品]を試した!」特集では、ルンバやマッサージなど5本の激安商品をレビューしたが、今回はさらにスケールアップ。事故物件や金融車などある意味「ヤバすぎるため、安くて当たり前!」な商品をガチで試して、その実力度を検証してみた!

◆自分の命とお金を天秤にかける貴重な体験!?『激安海外LCC』5000円

ライオン・エア

今回の航路はバリからジョクジャカルタを選択

 ’12年から急速に認知度を上げてきた格安航空会社、通称LCC。遅延・欠航、座席の狭さなどが指摘されるLCCの中でも’99年の設立以来、群を抜くアクシデント率(’04年着陸失敗で25人死亡など)を持ち、評価サイトで448社中ワースト10の烙印を押されたインドネシアのライオン・エアに記者Iが乗ってみた。

 大手航空会社で通常3万円するのに対し、ここでは普通に5000円でお釣りがくる。実際に搭乗すると、機内食が付かないのはもちろん、水でさえ有料サービス。近くの席では白人が激怒中。どうやらリクライニングが壊れているらしい。一抹の不安が頭をよぎるも、2時間ほどで着陸体勢に入り胸を撫で下ろす。すると急に便意が。トイレに駆け込んだ後、席に戻ったその瞬間、機体が急降下し、シートベルト未着の私は、天井に頭をぶつけるという惨事に。自分が悪いとはいえ、まさかの出来事に、一瞬墜落したかと心臓がはちきれんばかりだった。

 乗客は大体が格安で旅行をしたいバックパッカーか経済的にそこまで裕福ではないインドネシア人が目立つ。「絶対乗らない」と言う人がいる一方、島国のインドネシアでは国内線としてライオン・エアの需要はまだまだ根強いようだ。

【オススメ度:3】★★★☆☆☆
「命の値段」という自分の人生を見つめ直すいい機会になるかも。ただ、他の交通機関に比べれば事故率は低いため、割安感は享受できそうだ

― [ヤバすぎる激安商品]を試す!【3】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中