女子200人アンケートで判明した[LINEでモテる男]

国内のユーザー数、約5000万人。今や「やってない」と言うと人に驚かれるほど、スマホユーザーに浸透している「LINE」。これまでプライベートなメールなど送り合ったこともなかった男女が、LINEを通じて仲を深めるのも日常茶飯事。画期的ツールだが、従来のメールと同じ感覚のままでは、残念ながらLINEで女を落とすのは不可能なのだ。というわけで、LINEならではの「モテの作法」を、女200人アンケート(20~35歳)をベースに探ってみた。

◆[LINEでモテる男]はIDを聞き出すのがうまい

LINE 世間では「ケータイ番号教えて」や「メルアド教えて」より、「LINEのID教えて」のほうが(女性サイドの)心理的ハードルが低いと言われる。とはいえ、聞き出す側にとって、状況が劇的によくなったとも思えない。「特に用もないのにID聞くなんて……」と尻込みしてしまう男性は、今も少なくないだろう。

「飲み会や合コンでは『集合写真を送るよ』というのが、格好の口実になりますよ」と言うのは、週末パーティを生き甲斐とする商社マンのY氏(LINE歴ほぼ2年)。

「自分のスマホで積極的に集合写真を撮影して、それを送るためにIDを聞き出すんです。レタッチアプリを使って、面白く、かわいく加工すると、俄然ヒキが強くなりますね。向こうから『それ送って!』と言ってきたらしめたもの。『LINEカメラ』なんかじゃできない、凝った加工ができるアプリをいくつか持っておきたい」

 アンケートでも女性ウケは上々。

「積極的に教えたい」58%を含む、9割の女性からOKをもらった。

 1対1では聞き出しにくいときに「グループ作成」を口実にするのも基本中の基本。複数のメンバーが同時にやりとりできる「グループ」は、職場の業務連絡などにもよく活用されている。「皆が入るから君も入ろうよ」ということで、これを断る女性はほぼいない。職場の長や合コンの幹事がグループをつくってくれれば、自分は動かずにめでたくIDゲットだ。

 とはいえ、あれこれ策を練らずとも、基本的に「LINEのIDは聞けば教えてくれるもの」と思っていい。飲み会のその場のノリでIDを聞いても、77%の女性はOK。ただし、ガクッとOK率が下がるのは「LINEをやっていない女性を誘う」とき(41%)。

「今どきLINEをやっていない女のコは、それなりのポリシーの持ち主が多い。いきなりメールで招待を送ってもイラッとされるだけ。こういう場合もグループに誘うのが得策でしょう」(Y氏)

【職場でIDを聞き出す】

●「業務連絡用のグループ」をつくる:OK率86%


同じ職場の人間ならケータイ番号を知っていることが大半だろうから、相手がLINEをやっていれば(かつ電話帳を公開していれば)、IDを聞き出さずとも繋がれる。そうでない場合は、業務連絡を口実にグループに誘ってしまおう

【飲み会・合コンでIDを聞き出す】

●「集合写真を送る」を口実にする:OK率89%


LINE上では、アプリ「漫画カメラ」を使って集合写真を加工している。「レタッチアプリは常に新しく面白いものが出ていますし、その分、流行り廃りも激しいので、常に情報をアップデートしておくことも重要」(Y氏)

― 女子200人アンケートで判明[LINEでモテる男]【1】 ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中