洗脳しやすい人間を抽出する【ブラック企業経営者の人心掌握術】

視覚で上下関係を認識させる人心掌握術 ブラック企業の比率が多い業態として知られる外食産業。

 大学進学に伴い、上京したばかりの大沢真也さん(20歳・仮名)がバイト先に選んだのは、まさにブラックそのものだった。

 大沢さんが振り返る。

「西麻布や恵比寿といった、雰囲気よさげな場所に店舗を構えている飲食グループだったので、楽しそうだなと思って応募したんです。ところが、とんでもなかった。

 新人バイトは白いTシャツにジーンズと吉田栄作みたいなカッコをさせられ、仕事の流れもロクに教わっていない初日から怒鳴られる。

 グラスを割ってしまった新人はキッチンの裏に連れて行かれ、お腹を蹴られていました。

 暴力をふるう先輩バイトはちょっとこじゃれたシャツを着ていて、とにかく偉そうで偉そうで……。

 5~6人、一緒にバイトとして採用されたのですが、初日で1人辞め、一週間で2人辞め……僕も1か月持ちませんでした」

 それまで、テレアポや引っ越しなど様々なバイトの経験があった大沢さんだったが、堪えられなかった。バイト日の前日、意を決して「辞めさせてください」と電話を入れると、店長からこんな言葉をかけられたそうだ。

「電話してくるだけマシだけど、根性ないね。お前みたいなヤツ、多いんだわ。そんなんじゃこの先、どこでもやっていけないよ」

 以来、この言葉がしばらく大沢さんの脳裏から離れなかったという。

 労働問題に詳しいジャーナリストの秋山謙一郎氏が語る。

「どのブラック企業でも共通点として“新人いじめ”が挙げられます。

 このケースでは新人にわざとカッコ悪い服装をさせることで、新人に立場が低いことを否応なしに認識させる効果を狙ってのものでしょう。

 そこを乗り越えれば少しかっこいいシャツを着られる、と憧れを持つような、言葉は悪いかもしれないけど“洗脳しやすい人間”だけを抽出することもできますよね。

 こうしたワザとカッコ悪い服装を強いる人心掌握術は、美容業界や鳶の世界でもよく聞く話。

 ブラック企業経営者にとっては“いろはのい”と言えるものでしょう」

 秋山氏が3月に上梓した『ブラック企業経営者の本音』では、こうした経営サイドの本音、目論見が余すことなく描かれている。

 飲食、外食産業からテレビ業界、零細のIT企業まで、業態は様々だが、通底するのは黒すぎる思惑。彼らは確信犯でやっているのだ。

 これまで見落とされがちだった、経営者サイドの本音。知りたい人は是非手にとってほしい。 

<取材・文/日刊SPA!取材班 イラスト/西アズナブル>

ブラック企業経営者の本音

経営者サイドが明かした怖すぎる本音!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中