東京⇒神戸、燃費対決ドライブ【2リッター直噴ターボ vs 5リッターV8】

昔の人なら神戸といえば小林旭の『昔の名前で出ています』をイメージするかもしれませんが、イマドキ神戸といえば、“ゆづるきゅん”こと羽生結弦選手の聖地であります。消費増税は、ゆづるきゅんの金メダルで乗り切れる! そのように弓弦羽神社に祈願したいということで東京から往復1000km超。弾丸ツアーで行ってきました!!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆神戸へクルマで日帰りして結弦クンの聖地にお参りしました

XC60,マスタングV8GT ボーイズLOVEがいま全世界を席巻している。震源地はもちろん、ソチ五輪フィギアスケート男子金メダルの羽生結弦クン。ゆづるきゅんだプ~さん!

 ゆづるきゅんは仙台市出身だが、神戸市に弓弦羽神社なるお社があり、東日本大震災の数か月後、ゆづるきゅんが被災地同士をつなぐためにお参りして絵馬を残したそうだ。これは今や全世界的に有名なエピソード。弓弦羽神社は聖地となった。

 そこで当欄では、ゆづるきゅんの金メダル獲得を祝し、その聖地に2台のクルマでお参りをした。経費節減のため日帰りだ。片道約530km。往復1060km。ゆづるきゅんの努力を思えば屁でもない。

 というのはウソで、本当はボルボXC60が、プレス対抗燃費テストをやるというので参加して参りました。その行き先が神戸だったので、ついでに弓弦羽神社にお参りすることにしたできゅん!

 ボルボXC60と言っても、読者諸兄にはピンと来ぬだろうが、トヨタ・ハリアーくらいの大きさのクロスオーバーSUVだ。

 クロスオーバーSUVと言っても諸兄はチンプンカンプンだろうが、つまりオシャレなシティ派4WD……、じゃなかった駆動方式はFF(前輪駆動)だ。シティ派SUVはシティ派ゆえに、4WDである必要はない。田舎の泥道とかは走らないのである。ならFFのほうが軽くて燃費もイイ。今回はエンジンが新しくなったので、その燃費の良さを体感してくださいというのが、ボルボの狙いだそうだ。

 が、単独で燃費を出したところで、クルマのシロートである読者にはわからない。そこで比較対象として、読者が一番「燃費悪そ~」と思うであろう、デカいアメ車を用意した。フォード・マスタングV8GTコンバーチブルだ。エンジンは5000cc。諸兄ら無知なシロートは、「リッター3kmくらい?」と予想するであろう。

 ということで、最新の2リッター直噴ターボ対5リッターV8の2台で出発。東名を一路西へ向かい、御殿場から新東名へ。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/615429

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=615435

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中