燃費対決ドライブ【2リッター直噴ターボ vs 5リッターV8】の結果は?

昔の人なら神戸といえば小林旭の『昔の名前で出ています』をイメージするかもしれませんが、イマドキ神戸といえば、“ゆづるきゅん”こと羽生結弦選手の聖地であります。消費増税は、ゆづるきゅんの金メダルで乗り切れる! そのように弓弦羽神社に祈願したいということで東京から往復1000km超。弾丸ツアーで行ってきました!!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

XC60,マスタングV8G

撮影のときは寒いのを我慢して全開に! 空力的に厳しいSUVも5リッターV8エンジン搭載のアメ車も、十分燃費がいいってことがわかり

◆神戸へクルマで日帰りして結弦クンの聖地にお参りしました【後編】

⇒【前編】はコチラ

 ボルボXC60は、最新の“ぶつからないクルマ”なので、前車をレーダーで感知して追従する、レーダークルーズコントロールを装備している。時速100kmに設定してゆるゆる流せば、アクセルもブレーキもほぼ踏む必要ナシ。ハンドルを操作するだけで夢のように快適に走る。1年後に新東名の未開通区間(引佐‐豊田東間)が開通すれば、西へのドライブはさらに快適になる。スバラシイじゃないか。平均燃費計はリッター15kmのあたりを指している。

 対するマスタングV8は、寒いので幌を閉めて走る。時速100kmでの巡航時、エンジンは小声で「ドルルルル~」とささやくのみ。レーダークルーズコントロールはついてないが、こっちも快適だ。

 途中SAに2回寄って朝飯と昼飯を食べる。日本のSAは本当にスバラシイ! 朝のカレー、昼の鰻丼ともに失神するほどうまい。日本のSAは世界一、金メダルだ。世界20か国の高速道路を走っている私が言うんだから間違いない。これで制限速度がもうちょい高けりゃ昇天だ。世界基準は時速120~130km。ご検討ください。

弓弦羽神社

弓弦羽神社には、ゆづるきゅんを応戦する絵馬や金メダルを祝う絵馬がギッシリ。ゆづるきゅんが実際に書いた絵馬は、宮司さんが社務所で大切に保管していましたが、お願いすれば見せてくれました。ありがたや~

 このように快適に走って無事、弓弦羽神社に到着。宮司さんにゆづるきゅんの書いた絵馬も見せてもらえました。涙が出ました。

 燃費は、XC60がリッター14.5km、マスタングが11.6kmだった。ボルボのこの数字、SUVの高速巡航としてはスバラシイ。レクサスRXハイブリッドだってリッター13kmくらいしかいかない。ボルボがトヨタのハイブリッドに勝った!

 が、もっと驚くべきは5リッターV8のマスタングが、リッター11km以上走ったことだろう。大排気量のアメ車も、こういう高速巡航ならかなり伸びる。トヨタのハイブリッドSUVは、アメ車に負けないように気を付けてもらいたい。

【結論】
神戸日帰りドライブは合計15時間かかりました。帰路は新名神土山SAで近江牛スタミナ丼をいただき、うますぎて失神でした。ロングドライブは楽しいです。休日5割引き(今年6月いっぱい)があるうちにどうぞ

【ボルボXC60・プレス対抗燃費テスト】
東京―神戸間を往路と復路に分かれて、合計12媒体で対決した「VOLVO NEW-DRIVE-E POWERTRAIN ECO DRIVE CHALLENGE 2014」は、『CAR GRAPHIC』がリッター17.6kmで優勝。SPA!チームは10位でした。ガックリ……

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中