笑顔と明るさを強要する職場にウンザリ…うつ病にかかり退職へ

夢、仲間、絆、希望、笑顔、理想の自分――。ブラック企業に限らず、“ポエムな言葉”が盛り込まれた社歌を歌いながら体操したり、社員に駅前清掃を強要する企業も少なくない。こうした独自の規定を義務づけ、社員の労働意欲を引き出し洗脳しようとする「ポエム化する日本企業」の実態とは?

<ポエム否定派>
◆ポエム化企業の奇々怪々なルールの数々

ポエム化 香ばしい社訓に奇妙な体操、奇々怪々な慣習など、珍妙なルールを押し付けるポエム化企業はさまざまな業界にはびこっている。「ポエム化した会社のせいで、心身ともにボロボロになった」と語るのは、1年前まで中堅の会計事務所に勤務していた田中正志さん(仮名・30歳)。

「とにかく笑顔と明るさを強要する会社だった」と話す田中さんの職場は朝から奇妙だ。

「朝、会社に来たら、すでに出社している社員の元に『おはようございます!』と挨拶と握手。遅めに出社したら、全員のところを回らないといけないから大忙しです。逆に仕事をしたくて早めに出勤しても、後から出社した人が次々と挨拶と握手をしにくる……。とても仕事どころじゃないですよ」

 朝礼も異様だ。

「まずは一斉に拍手から。顔の前で、全力の笑顔で行う『情熱拍手』。次に『ハッピー、ハッピー!』と歌いながら笑顔で踊る『幸せ体操』。誕生日の社員がいれば、ギターを持ち出してオリジナルソングでお祝いされ、洞察力を養うという名目の『熱血じゃんけん』など、朝から不思議なルールのオンパレードでした」

ポエム化

過剰なストレスから、うつ症状と蕁麻疹が発症した田中さん。精神安定剤や睡眠導入剤などを今も飲み続けている

 そんな不思議さは朝だけにとどまらない。

「お客さまが来社したら、作業を止めて『いらっしゃいませ!』と大声で挨拶。いちいち仕事をする手を止めなければならないので効率が悪いこと、この上ない。あとは、年に22回、ボランティアとして小学校のトイレを素手で掃除します。一応、希望者のみでしたが、参加しないと査定が悪くなるのでほぼ強制参加でした」

 最終的にはストレスがたまりすぎて軽いうつ症状に蕁麻疹まで発症し、退職を決めたとか。

― [ポエム化する日本企業]急増中【2】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中