故人のケータイ・スマホのパスワードは解除できる?

「終活」の発想もないまま、30~40代の若さで突然亡くなった人々の周囲では予期せぬトラブルが発生している。今や誰もが人目に晒したくない何かをパソコンやスマホの中に抱え、その「何か」が、実害を及ぼすケースも少なくない。死後にムダな恥をかかないためにも、即刻デジタル周りの管理体制を見直せ!

◆「パスワード」は本当に安全なのか?

デジタル終活 世の男性陣が実際にとっているセキュリティ対策についてアンケートで聞いてみると(回答者100人)、「何もしていない」が24%と実にお粗末。「自分しか知らないログインパスワードをかけている」は、パソコンで52%、ケータイ・スマホで43%の男性が実践していたが、これしきで安心するのは大間違い。

 当然ながら、遺族の大半は思いつく限りのパスワードを試すので、誕生日とかケータイ番号の下4桁なんかはまずアウト。かといって、「オレは10桁のパスワードをかけているぜ!」という人も過信は禁物だ。遺品整理を手掛ける「キーパーズ」の吉田太一社長によると「パスワードがかかっているパソコンでも、セーフモードで起動すれば9割がた中を見ることができる」。というわけで、パソコンの中身を見られたくない場合は、ログインパスワードに頼らずパソコン内部での対策が必須だ。

 とはいえ、真に警戒すべきはパソコンではない。遺族は「連絡先」や「思い出の写真」を見たがっている。いずれも、ケータイやスマホのほうが探しやすいだろう。前出の吉田氏も、遺族の関心は圧倒的に携帯端末のほうが高いと話す。

 スマホやケータイにはセーフモードのような機能がないため、ログインパスワードを設定しておけば、それなりに強力な防波堤になる(無論、誕生日などのイージーな設定はアウト)。では、それでもあきらめない遺族が、キャリアのサポートに端末を持ち込んだら?

 各キャリアの公式見解は下記のとおり。ガラケーはともかく、スマホについては「基本的にパスワードは解除してもらえない」ので、まずは安心。とはいえ、なんとなく「遺族が窓口担当者に泣きつけば、なんとかしてくれちゃうのでは……」と思わせるキャリアも。

 そこで、さらなる安心度を求めるなら、オススメなのが「パスワードを10回間違えると端末が初期化される」というiPhoneの機能(一般的には「ローカルワイプ機能」と呼ばれる)。なお、この機能は今のところ、Android端末には標準搭載されていない。

Q:故人のデジタル機器にパスワードがかかっていたら、どこまで頑張る?
※20代~30代の女性に対して行ったアンケート(回答者数235人)で「故人のデジタル機器にアクセスする」と答えた169人中の割合

●「すぐにあきらめる」10%
●「故人の生年月日など、思いつく限りのパスワードを試す」65%
●「メーカーのサポートに相談」18%
●「パソコンに詳しい友人・知人に見てもらう」0%
●「専門家(有料)に見てもらう」7%

Q:故人のケータイ・スマホのパスワードは解除できる?

【NTTドコモ】
遺族が端末を引き継ぐ「承継手続き」を取れば、フィーチャーフォンは機種次第ではデータ閲覧可能。スマホに関しては、ほぼ不可能

【au】
「承継手続き」をすれば、遺族が端末を引き継ぐことはできるが、ロック解除後にすべてのデータをオールリセットすることが前提となる

【ソフトバンク】
端末暗証番号は、端末側に物理的にかけられたパスコードなのでカスタマーセンターでは照会・解除不可。たとえ本人でも照会できない

【ウィルコム】
端末暗証番号は、端末側に物理的にかけられたパスコードなのでカスタマーセンターでは照会・解除不可。たとえ本人でも照会できない

― 35歳から始める[デジタル終活]完全ガイド【1】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中