毎日50件超!身勝手な「LINE中毒女」の対処法

友人、恋人、仕事などさまざまな交友関係がLINEに集約されている昨今。便利な半面、その多彩な機能に乗っかった“LINEバカ”によるさまざまなトラブルも多発している。そんな数々の事例から得るべき教訓とは何か。その対処法を、LINEのプロたちが伝授する――。

◆一日の受信数は50件超!身勝手な「LINE中毒女」

LINE 手軽な操作で素早くメッセージを送れるLINE。だが、その操作性が災いしてか、「プライベートな時間をほとんどLINEに浪費させられる」と悩むのは、会社員の庄司慶介さん(仮名・29歳)だ。会社のバツイチ先輩女性から毎日届く“特に内容のないLINE”への返信に嫌気が差している。

「正直、その先輩には(異性として)かなり気に入られていて、これまでも連絡が来ていました。けど、メールでは一日数通だったのが、スホマに替えてLINEを始めた途端、津波のように押し寄せるようになったんです。彼女曰く『LINE中毒になった(笑)』らしいですが、こっちは笑えない」

LINE

こちらの状況などお構いなしに送り続けられるバツイチ女性からのLINE。最近は会社でも送られてくるほどエスカレートし、取材中にもLINE通知音が何度も鳴り響いていた

 その数、一日に50件を超える。

「LINEって、メッセージが届くとつい癖で見ちゃうんですよ。でも、その先輩はこちらが既読になったのをいいことに、返信をしなくても山のようなメッセージを送ってくる。本当なら未読のままにしたいのですが……。深夜にもよくLINEで起こされて、見たら意味不明なスタンプだけ。『もう、いい加減にしろよ!』と……」

 会社では顔を合わせることもあるだけにブロックすることもあたわず。頭を抱える日々は続く……。

★まつゆう* 氏『機内モードで閲覧すれば、既読マークがつきませんよ』

 実はLINEが届いた後に、携帯を機内モードにしてから見ると「既読マーク」をつけずに閲覧できます。ただ、機内モードを解くと既読になるので注意も必要。また、深夜に起こされるのが嫌な場合は、通知設定から「一時停止」に設定。停止している間は完全に連絡を遮断できますよ。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=623205

LINE

「設定」→「通知の設定」から一時停止へ。「1時間停止」と「8時まで停止」を選べる。サラリーマンならちょうど出社時間頃だ

【まつゆう* 氏】
独自目線で情報発信を続けるクリエイター。コグレ氏との共著に『これから始めるLINE 公式ガイド』(インプレスジャパン)

※写真はイメージです
― [LINEバカ]事件簿 【2】 ―

できるポケット これからはじめるLINE 基本&活用ワザ 公式ガイド

「毎日使うLINEをもっと楽しむ」「トラブルに遭わない安心・安全な使い方」をテーマに、単純に見えて奥が深いLINEのあれこれを解説する公式ガイド!

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中