中流家庭の男女は結婚生活に満足しているのか?【2000人調査】

 厚労省の月別離婚データによると、離婚が最も多いのは3月、次いで4月である。新年度を迎えて環境の変化著しいこの季節。“夫婦の溝”が生まれやすい時期とも言われている。4/15発売の週刊SPA!に掲載されている『中流結婚生活2000人大調査』では、本誌初の既婚男女2000人アンケートを実施。“溝”に繋がるアレコレをとことん聞いている。

 ここでは、その一部を紹介しよう。

◆「結婚して満足」な人々は「生活で不満」を募らせる

結婚,婚活,夫婦

その結婚、本当に幸せですか?

 結婚して家庭を築いた人々は、独身という自由を捨てた代償として幸せを手にできたのだろうか? 今回のアンケートは世帯年収400万~800万円のイマドキの中流家庭が対象。まず触れておきたいのが、「『離婚したい』と思ったことがある?」という問いに60.2%と半数以上が「ある」と回答したこと。つまり皆、離婚したいほどの不満を抱きながらも、粛々と結婚生活を続けているのが現実なのだ。

 これに関して「近年、結婚自体が希少価値の高いものになっている」と分析するのは“婚活”の生みの親である白河桃子氏。

「結婚が早くて婚姻率もまだ高かった世代を親に持つ今の30~40代には、『結婚はいずれできるもの』と考えている人が多い。でも現代は安定収入の男性が減少していて、多くが未婚・晩婚化してしまうんです。一方、20代は、すぐ上の世代が婚活に苦労している姿を見ているので、『結婚するのは大変』と理解している。そのせいか結婚が早い20代が増えていますね」

 回答者のなかでも「若いうちに結婚しないと行き遅れると思った」(28歳♀・IT)、「40歳で結婚したが、昔の彼女が忘れられない。なぜ『もっといいコがいるはず』と高望みして当時結婚しなかったのか疑問」(43歳♂・電機)など、世代間での意識の違いが目立った。

 また、「人生をやり直したら同じ人と結婚するか?」の問いには、「別の人とする」(39.6%)、「結婚自体しない」(8.8%)と、約半数が現在の伴侶にNOと回答。

「経済的事情で共働きが増えて夫婦ともに忙しく、残業も当たり前で労働時間は長くなる一方。すり合わせをうまくしないと、“産後クライシス”や家事の分担問題など溝が生まれやすいのかもしれません」(白河氏)

 自由回答でも、「結婚できてよかったけど、生活はラクじゃないし不満も多い」(33歳♂・銀行)、「必死に婚活して結婚したけど、思い描いていた結婚生活と現実にギャップを感じる」(28歳♀・介護)など、結婚自体がゴールになっており、その後の生活は減点方式で不満を募らせている人ばかり。

 そして「配偶者といつまで一緒にいたいと思う?」という問いに対して、「死ぬまで一緒」がダントツの88.3%! この結果は、中流ならではの“あきらめ”の表出である。積極的に離婚はせず、「結婚なんてこんなもん」と心で呟き、自分を納得させるのだ。やり直しがきかないのが人生。ならば耐えるのみ。それが結婚生活の美徳なのかもしれない。

 この特集ではほかにも、「夫婦間のシビアなお財布事情」「セックス頻度」「夫婦間のセックスに満足している?」「婚外セックスの経験は?」「相手のケータイを見たことがあるか?」「同じ部屋で寝ているか?」など、聞きたくても聞けない内容がてんこ盛り。果たして、2000人中、何人が「セックスレス」で、何人が「内緒で借金をしている」のか?

 その驚愕の結果は本誌でぜひ確認してください。

【白河桃子氏】
少子化ジャーナリスト・作家・大学講師。山田昌弘氏と共著の『婚活時代』や近著『「産む」と「働く」の教科書』など著書多数

※アンケート対象
世帯年収が400万~800万円の既婚者2000人を調査。内訳は、1人以上の子供がいる男女各500人と、現時点で子供がいない男女各500人。年齢は、男性が35~45歳、女性は25~39歳。

<取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!4/22号(4/15発売)

表紙の人/剛力彩芽

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
「婚活」時代

今の若者の4人に1人は結婚できない!?

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中