ポーカー世界大会「APPTソウル2014」に挑戦!そこは強豪プレイヤーが巣食う“鬼の棲家”だった

ポーカー世界大会,APPTソウル2014 前回の記事「ポーカー全国大会挑戦レポート」で奇跡の優勝を果たし、ソウルで開かれる世界大会の参加権を獲得した本誌記者。前日夜に現地入りをして「APPT(Asia Pacific Poker Tour) Seoul Main Event」に参加することとなった。

 メインイベントは3日制で行われる。参加人数が多いため、1日目はDAY1A、DAY1Bに分けられる。ブラインドは1時間ごとに上昇していき、DAY1はレベル8まで争われる。この時点で、半数以上がチップを失って敗退と予想される。まずはDAY1を生き残らないことには始まらないのだ。

 本大会の参加人数は256人。28位以上がイン・ザ・マネー(入賞)で、そこから順位が上がるごとに賞金額がアップしていく。優勝賞金は1億8500万ウォン(約1850万円)という大金。「やべっ、優勝したらどうしよう。まず、なじみのスナックを貸し切りにして宴会して、中古でポルシェのカイエン買って……」などと、出場前から狸の皮算用が止まらず、仕事が手につかない。ビッグマネーの夢があるからこそ、ポーカー大会は盛り上がるともいえるのだが……。

 記者は参加権をゲットしての参戦のため、参加費300万ウォン(約30万円)を免除されてのエントリーとなった。「自腹なら参加したか?」と言われればかなりビミョーな金額だ。とはいえ、確率的に「10人に一人」しか入賞できないゲームなのに、これだけの大金を払うプレイヤーがいることも事実。よほど腕に自信があるといっても過言ではないのだ。

 大会のレベルの高さは、参加している日本人プレイヤーの顔ぶれを見ていてもわかる。WSOPチャンピオンのNaoya Kihara、オンラインポーカーの最大手「Poker Stars」の最高ステータスSNE(スーパーノヴァエリート)を獲得したKosei Ichinose、ANZPT(オーストラリア・ニュージーランドポーカーツアー)で昨年度のプレイヤーオブザイヤーに輝いたIori Yogo、WSOPメインイベントで日本人最高位に入り、麻雀のトッププロでもあるTakashi Ogura、そして「21歳で賞金1000万円! ポーカー世界王者」の記事で紹介したWPTチャンピオンのMasato Yokosawa。

ポーカー世界大会,APPTソウル2014

トリプルクラウンを達成しているELKY。世界中で知られるトッププロだ

 列挙した以外にも数えきれないほどの強豪、プロプレイヤーが参戦している。隣のテーブルに目をやれば、獲得賞金10億円超のフランス人トッププロ、Elkyという通称で知られるフランスのBartrand Grospellierの姿が! まさに“鬼の棲家”といった面々に、早くも尻の穴がキュッとしぼむ思いだ。

 とはいえ、一発勝負のトーナメントには運の要素も大きいことは、記者が優勝したことでも証明したとおり。そもそも、ポーカーというゲームが囲碁、将棋と同じく「スキルが上の者から順位が決まっていく」ものであれば、これほど多くのプレイヤーが熱狂し、多数の参加人数が集まるはずもない。気を引き締めてゲームに集中することにした。

 スタートチップは2万点。2万→4万と最初の3、4時間は好調だったが、ショートスタックとのオールイン対決、88(自分)対AJ(相手)、AQ(自分)対AK(相手)で2連敗し、1万5000にまでチップを減らす。

 その後、3万5000にまで戻したところで、その日の最後のレベルであるレベル8(ブラインド500/1000/アンティ100)になった。現状のチップ数はアベレージより下。ブラインドとの比率的にはまだあせる局面ではないが、少しでもいい位置でDAY2を迎えたいもの。レベル8に入ってから15分、ボタンの右隣にいた自分にQTs(スーツは両方ともハート)が入り、2200にレイズ。5万点ほどのチップ数を持つ左隣のボタンのプレイヤーがコールしてきた。

フロップ(場に出ているチップは6800)
QJ8

 QとJはスペードで自分にはフラッシュの目はない。ちょっとウェットなボード(いろんな手が絡みやすい場札)だが、トップペアをヒットしている記者はまずベストハンドだと考え4000点をベッド。すると、望ましくないことに、相手から1万点のレイズが返ってきた。コールするには6000点が必要だ。

 自分の手持ちは現時点で2万9000点。コールすると2万3000点しか残らず、仮にコールをした時点で場に出ているチップ量は2万7000点。これはいわゆる“ポットコミット”と呼ばれる状態になる。場に出ているチップが多すぎて、自分が持っているトップヒットほどの強い手なら、次のターンカードの大半で、まず全額突っ込むのが数学的にはベストプレイになってしまう。その時点で、自分より“少し強い手”を持っている相手を「フォールド」させる可能性も格段に減ってしまう。というわけで「コール」の選択は却下した。

 チップ量的には「レイズオールイン」するか「フォールド」するかの選択となる。相手の手は、強い手であることは間違いないが、どれほどの強さなのか。プリフロップで自分のレイズにジャストコールしたことから、88はあるかもしれないが、QQ、JJといったスリーカード完成のハンドは考えにくい。ありそうで怖いのはストレート完成のT9、ツーペア完成のQJといったところだが、同程度の確率でナッツフラッシュドロー(ドローとはあと1枚でストレート、もしくはフラッシュが完成する状況)、スペードでない8をヒットしてのフラッシュorストレートドロー、JTといったこちらが現状勝っている手もある。AQo、QKといった手ももちろんありそうだが、このボードで生き死にを賭けたオールインした場合、降りてくれる可能性はある。

ポーカー世界大会,APPTソウル2014

“鮫の脳ミソ”である記者のお粗末なCPUもこの日ばかりはフル回転

「オールイン」か「フォールド」か。8:2の割合で「フォールド」寄りに傾くが、そこは素人の悲しさ。「確か前回の日本の大会で決め手になったハンドはQTだったなぁ」とオカルト(!?)理論が背中を押し、1分程度小考したのち、次の言葉を発する。

「オールイン」

 賽は投げられた。相手が降りればチップ数は5万点程度になり万々歳だ。ストレートの引き目があることから、コールされても「ドローイングデッド」(勝率0%。次にどんなカードが出ても完全に勝ち目のない状況)であることはほぼない。相手が3分ほどの長考に沈んだのを見て、心の中で「降りてくれ、降りてくれ」と念じる。が、相手が意を決して「OK CALL」と発したの聞いて、現実に引き戻される。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/622869

<取材・文/スギナミ 写真・取材協力/ポーカー速報>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中