板東英二「僕の植毛は1本250円なんですよ!」

板東英二

板東英二氏

 ’12年末に約7500万円の申告漏れが発覚した後、11か月の沈黙を挟んで涙の“植毛謝罪会見”を開いた板東英二氏。解説者、司会者、俳優までこなすマルチタレントとしてお茶の間を賑わしてきた彼は、この事件をきっかけに謹慎生活を送ることに。

 そんな板東氏も本格復帰を果たそうとしている。2月には『さんまのまんま』でテレビに復帰。3月には関西テレビの『たかじん胸いっぱい』にもゲスト出演した。本人は「まだ、復帰できたかどうかわかりませんが」と苦笑しているが、吉本興業入りし、心機一転、「74歳の新人」として再スタートを切った板東氏を直撃した。

「記者会見でも言ったように、申告漏れのなかで一番大きかったのは、確かに植毛なんです。それは皆さん、『ホンマかいな』と言いますよ」

 映画『あ・うん』(1989年)に出演した頃に、植毛をはじめたという。その頃にすでに頭が薄かった板東氏は、両面テープで毛玉を頭部に貼り付けていたそうだ。

「けど、カメラさんはわかるんです。『板東さん、あれなんや? ビロビロしとるで』ってね。それで僕、ある一流の“植毛屋さん”に行ったんですよ。そんときは300本とか(植毛したん)だったかな」

 そのときはいくらかかったのだろうか?

「1本200円でした。ただ、だんだんハゲていくわけですよ。今回、申告漏れが指摘されたのは’11年までの7年間だったんですが、その頃にはだいたい2000~3000本植えていました。それも最後の5年ぐらいは1本250円です」

 3000本なら75万円になる計算だが、1回あたり「60万とか70万円」を支払っていたらしい。ただし、40日ぐらいで植え替えなくてはいけないそうで、1年で500万~600万円はかかっていたという。びっくりする金額だが、板東氏は「植毛している人は知っていると思いますけど、これでも安いほうでっせ?」と語る。なんでも1本1000円ぐらいの費用がかかる場合もあるというのだから、驚きだ。

※現在発売中の『週刊SPA!』4/15発売号の「エッジな人々」では、板東氏が赤裸々に一連の騒動、謹慎生活を語っている。ぜひ、本誌をご確認いただきたい。

<取材・文/藤原哲平 撮影/菊竹 規 再構成/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!4/22号(4/15発売)

表紙の人/剛力彩芽

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中