東京湾で「月出帯食」を観察 皆既月食は10月8日

 2014年4月15日(日本時間)、満月の一部が欠けた状態で地平線から昇ってくる「月出帯食」が東日本各地で観察された。日本からは「皆既月食」が観察できなかったが、アメリカなどからのネット中継を多くの人が楽しんだ。皆既月食は、月が赤銅色に見えることから「Blood Moon」とも呼ばれ、親しまれている。「月出帯食」をひと目見ようと、東京・竹芝埠頭に行ってみた。

月出帯食

月出帯食(東京湾・竹芝ふ頭付近にて撮影)

 結果は、“ブラッド”と言うほどではないが、オレンジ色の欠けた月がビルの合間に昇っていく姿を見ることができた。観察した時間は、18時14分頃の月の出から、部分月食が終了する同33分頃までの約20分間。わずかな時間ではあったが、周囲にいた外国人観光客や、一眼レフカメラを構えた初老の男性とともに、珍しい光景を楽しんだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/624489/gessyoku_02

部分月食

部分月食の終わりかけ。オレンジ色の大きな月が浮かんでいた

 今回の月食の模様は、NASAのUSTREAMチャンネルなどでもアーカイブ動画を視聴することができる。白い満月が、徐々に欠けていき、ほんのりと黄色く色づいていく姿はつい見入ってしまう。動画でも十分感動的ではあるが、見知らぬ人とも感動を共有できる屋外での天体観察は格別なものであった。

 なお、日本で「皆既月食」を観測できるのは、約半年後の10月8日、2015年4月4日、2018年1月31日。日食と比べると、見られる機会も多く、観測するための特別な道具が必要ないので、気軽に楽しむことができそうだ。今のうちにカレンダーにメモっておけば安心だろう。 <取材・文・撮影/林健太>

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中