長与千種が語る新団体旗揚げの真相「今の女子プロレスには技術はあっても色気が足りない!」

長与千種 3月22日、元クラッシュギャルズの長与千種が自身のプロデュース興行「That’s 女子プロレス」を開催した。5年ぶりのマット復活となった長与は、第1試合で極悪同盟のダンプ松本らと対戦。ブル中野にフォークでメッタ刺しにされ流血しながらも、最後はダンプからフォールを奪った。

 だが、本当のサプライズはメインの試合終了後に起こる。マイクを持った長与は、唐突に新団体・MARVELOUSの旗揚げを宣言。「残された人生が20年か30年かはわかりませんが、大好きなプロレスのために頑張ろうと思います!」と叫んだのだ。

 後日、改めて長与千種に話を伺った。まず単純な疑問として、なぜこのタイミングでプロレス界に復帰すると決意したのだろうか? 現在、長与は居酒屋2店とドッグサロンを経営。それぞれ事業は順調に軌道に乗っている。つまり長与の場合、食うに困ってプロレスに戻るというわけではまったくないのだ。むしろ生活基盤を考えるなら、戻らないほうがいいように思えるのだが……。

 さらにつけ加えるなら、現在の女子プロレス界は一部でイキのいい新人が現れたりしているものの、全体としては停滞しているのが正直なところ。クラッシュギャルズが一世を風靡した80年代はもちろん、全日本女子プロレス(以下・全女)、JWP、LLPWなどが鎬を削った90年代の団体対抗戦時代の熱気にも遠く及ばない。

 だが意外なことに、長与は今の女子プロレスを「めちゃくちゃいい感じですよ!」と手放しで絶賛する。

「プロレスのスキルということに関しては、今の若いコたちは非常にレベルが高い。はっきり言って、自分たちがクラッシュや極悪同盟で盛り上げていた時代よりも全然プロレスの質は上ですね。とにかく動きはハイブリッドだし、選手も真剣に頑張っている。だから、まったく悲観していないんですよ。ものすごいことをやっているなと本当に感心します」

 今のプロレスは確実に進化している。懐古主義的に「昔はよかった」と振り返る姿勢は、長与には皆無なのだ。しかし同時に、最近のプロレスには“語れる要素”が少なくなっていることも冷静に指摘する。

「難しいのは、いくらリング上のプロレスが洗練されていても、観る人の印象に残らなければ意味がないんですよね。車でたとえるなら、燃費のいいハイブリッドカーよりも無駄の多いアメ車のほうが、味があって心に残ったりするじゃないですか。“感動”というのは、感情が動くと書くわけでね。つまり試合を観ることで、明日から仕事や勉強を頑張ろうとしたりする。そういうふうに人々の感情をプロレスで揺さぶっていきたいんです」

長与千種

「お客さんの感情をいい意味で揺さぶりたいんです」

 新団体・MARVELOUSのリングに、長与は選手として上がるつもりは毛頭ない。このことは逆説的に長与の本気度を表しているといっていい。「昔の名前で出ています」といった40代以上のベテラン選手が幅を利かせる今の女子プロレス界にあって、若手中心のまったく新しいプロレス・スタイルを作り上げようと長与は企んでいるのだ。すでに新人募集はかけており、新設する道場の候補地も絞っている段階だという。

「新人の育成に関してですが、ロープワークや受身といったプロレスの技術的なことは他の選手に教えてもらうつもりです。今の若いコは教えたら動けるから、そこは心配していない。自分が教えるとしたら、それ以外のところ。そのコの底に眠っている可能性を引き出してあげたいんです。喜怒哀楽を爆発させる作業を手助けする感じで。やっぱり一流のレスラーっていうのは、独特の雰囲気を持っているんですよ。北斗晶や神取忍にしたって、入場だけで魅せるオーラがありますし。自分が教えるのは自分ならではの存在感の出し方だったり、同じことをやってもよりお客さんにアピールする方法だったり、要するにプロレスの本質に迫る部分なんです」

 レスラーたちが好んで使うプロレス用語のひとつに「サイコロジー」というものがある。これは「リング上から観客の心理をコントロールし、興行を成立させる」という意味で使われることが多い。昔から長与はこのプロレス的なサイコロジーが天才的だと言われており、それゆえに試合で熱狂的な信者を獲得してきたのだ。

⇒【後編】に続く「新団体はいっぱしの企業として恥ずかしくない団体を目指す」http://nikkan-spa.jp/623456

<取材・文/小野田 衛 撮影/丸山剛史>

【長与 千種】
ながよ・ちぐさ 64年12月8日生まれ。長崎県出身。80年8月8日、田園コロシアム、大森ゆかり戦でデビュー。84年8月にライオネス飛鳥とクラッシュギャルズを結成し女子プロレス黄金時代を牽引した。
●長与千種オフィシャルサイト MarvelCompany(http://www.marvelcompany.co.jp)

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中