子供が病気に。その時、働く親は…圧倒的に数が足りない日本の保育所について

週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

ベビーシッター, 保活, 保育所, 待機児童, 育児 最初に子供を預けたのは、無認可保育所でした。マンションの一部屋に、十何人の子供達が集まっていました。スタッフの方は親切でしたし、保育士さんは子供達を外にも遊びに連れて行ってくれてましたから感謝しましたが、部屋の中で大勢でいる風景には、少し心が痛みました。

 それは、自分が子供時代に通った保育園と無意識に比較してしまったからです。広いグラウンドがあり、広い部屋があって、開放的だったという記憶でした。

 妻の仕事が急に入り、稽古直前に無認可保育所まで送っていった時のことです。

 ママチャリのチャイルドシートに2歳になったばかりの子供を乗せ、慌てて準備していると、自転車のバランスが崩れ、そのまま、コンクリートの床に倒れました。今でも、思い出すたびに背中が寒くなります。

 まるでスローモーションのように、自転車はゆっくりと倒れていきました。幸い、まずチャイルドシートの枠が床にぶつかり、子供は無事でした。もちろん、子供は大泣きしましたし、僕も心臓が止まるかと思いました。

 そこの保育所は、夜11時までやっていたので、本当に助かりました。ただ、僕と妻の仕事が共に、急に深夜になったらどうしようと考えたことは何度もありました。

 やがて、待機児童の時期を経て、区の認可保育所に入れることになりました。どんなに仕事が不定期かとか、妻と夫がどんなに忙しいか、ちゃんと文章にした方がいいというアドバイスを受けて、そんな手紙を区役所の窓口にも提出しました。

 一番驚いたのは、保育園から「お子さんが熱があるので、お越しください」という電話をもらったことです。ほとんどの子育てを妻任せにしていたので、事態に直面するまで、気付きませんでした。

◆子供の病気 その時、働く親は……

 保育園では、子供が高熱を出すと(38℃ぐらいですか)親に連絡が来て、引き取ることを求めるのです。初めてこの事実を知った時は「えっ!? 子供って、突発的に熱出すし、腹が痛くなるし、そのたびに保育園に行かないといけないなら、仕事できないじゃん!」というものでした。普通の「働く日本人」だと、「すみません。子供が熱出したんで、会社、早引けします」は言えません。言えるのは、「すみません。子供が交通事故で重体で、ICUに入ったんで、病院、行きます」ぐらいでしょうか。熱では言えません。残念ながら、それが日本です。

 でも、保育園は電話します。これは、決して、保育園を責めているのではありません。無認可も認可も、そういうシステムになっています。もし、熱が出てそのまま放っておいて大変なことになってしまってはいけないからです。気がついたら、部屋の片隅で死んでいた、ではシャレになりません。

 ですから、電話します。そして、母親が会社を早引けすることになります。だんだん、上司も同僚も、「一緒に働きづらいなあ」と思うような雰囲気になってしまうのです。『病児保育』という公的なシステムはあります。病気の子供を預かってくれる保育所などです。が、これは、東京だと各区で5か所前後、定員は5人前後です。圧倒的に足りません。

 僕はシングルファザーではなく夫婦でしたから、まだなんとかなりました。2人ともが忙しくてダメな時は、僕が個人的に知っている演劇学生にベビーシッターを頼みました。

 それは僕が人脈ができる仕事をしているからです。もし、ベビーシッターができる人脈もなく、シングルマザーやファザーだったら、ネットでベビーシッターを探すのは当たり前のことだろうと思います。

 この国が、本当に人口減を憂い、日本の国力のために人口を増やそうと思っているのなら、「深夜に子供を預けられる保育場所」「突発的な仕事に対応できる保育場所」「病気になった子供を預けることができる保育場所」を充分な数だけ準備することは急務だと思います。

「ネットで知り合った初対面の人に子供を預けるなんて信じられない」と言える人は恵まれた人です。

 そこまでの財力や体力や思考の余裕のない環境で働いている人は沢山います。そういう人が「安心して子供を育てられる国」にならない限り、この国の人口は減り続けるだろうと思います。

●「ドン・キホーテのピアス」最新刊『不安を楽しめ!』が好評発売中

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

炎上したコラム『「ただしイケメンに限る」という嘘』は、本書48頁に収録。ほか、「枕営業と色っぽさ」など、世相や文化だけでなく、恋愛話も充実の一冊!

不安を楽しめ!

3.11以降の世界で不安を抱えながらも、それでも楽しく生きる術を鴻上尚史が提言する

不安を楽しめ!

3.11以降の世界で不安を抱えながらも、それでも楽しく生きる術を鴻上尚史が提言する

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中