運転がうまくなる!? 新型コルベット6200cc&7速MT

クルマに興味がない人のアメ車のイメージといえば、「壊れやすい、燃費が悪い」でしょう。欧州車のように先進的なイメージもありません。しかし、本気のアメリカはスゴかった。ノーベル賞をバンバンもらったり、何度も月に人を送り込む国の底力は、やはり侮れませんでした。脱帽

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

コルベット

ジャガーFタイプといい新型コルベットといい、フェラーリ化している気がします

◆ナメたらアカン!新型コルベットにアメリカの底力を見せつけられました【後編】⇒【前編】はコチラ

 で、この6200ccプラス7速MTのコルベットを、島国で走らせるとどうなのか。

 ドルルルルルルルルル!

 さすが6200cc。アクセルを床まで踏み込むと、大地が震えるようなサウンドとトルクが炸裂する。個人的には「あ、フェラーリよりちょっと遅い」と思ったが、担当Kは大感動。「シフトダウンで自動的にエンジン回転を合わせくれるので、うまくなった気分も味わえます!」と喜んでいた。フヌケ読者諸君はアクセルを踏んだ瞬間にショック死するくらい速い。あ、MT乗れないか。

 しかも、しかもしかもしかも! コルベットは燃費がイイ! こんなナリしてECOモードがあり、V8のうち半分を休止して、V型4気筒で巡航可能。その状態だとリッター12km以上走る! アメ車なのに! 466馬力なのに!

 実を言うと、フェラーリの弱点は燃費だ。高速巡航でもリッター5kmしか走らない。つまりコルベットはフェラーリより進んでいた! これでお値段半額以下。アメ車をナメたらアカン。もう絶対戦争しません。

【結論】
アメリカも見習うフェラーリは、やはりスゴいクルマなんでしょうか。担当Kもアメリカを見習って、『フェラーリの買い方』(清水草一著)でも読んで、フェラーリを学びたいと思います!

フェラーリの買い方

年収300万円でも手に入る!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中