「電動マッサージ器」は家電なのか?

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その9 ―

 みなさん「電動マッサージ器」って知ってますよね。長い筒状で、先端に振動する突起がついてて、肩とか腰とかにあてると、非常に気持ちいいやつ。いかに快感かって? ほら、山岸舞彩アナウンサーが恍惚の表情を浮かべて、足をバタつかせているCMあるでしょう。あれもタイプは違えど、低周波の電気式マッサージ器です。

電動マッサージ器,家電

大量に販売されていた電動マッサージ器

 彼女の気持ちよさげな仕草がたまりません。しかも、なぜか時々山田まりやに見えるのは、気のせいでしょうか。

 非常にポピュラーな電動マッサージ器ですが、これを短縮して呼ぶと、全く異なった意味合いの器具に変わります。その名は「電マ」、本来マッサージ器だったのですが、過去に誰かが新しい使い道を発見したのでしょうか。

 その発見の経緯を、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」の冒頭シーンで喩えるなら、こうです。

 暇をもてあましていた人妻のA子は、ある日、電動マッサージ器で肩や腰をほぐしていた。その時、時空を超えてやって来た黒い石板のようなモノリスが、突如部屋にそそり立っているではないか。モノリスから発せられるウォンウォンという唸り声と、電動マッサージ器のブォ~ンという機械音がシンクロし始めた。その時A子は、何をひらめいたのか、こっそりと電動マッサージ器を局部にあててみたのだ。そしたら腰が抜けそうなくらい気持ちよかったとさ。その後、これは使えると言うことで、アダルトビデオの必需品となり、オヤ充の三種の神器にまで祭り上げられたそうだ。まあ人類の進化って、所詮こういうものですよね。

 冗談はさておき、ここで話題にしたいのは、その電マの販売されている状況です。これは家電なのか? アダルトグッズなのか? 答えから言えば両方ということになります。

 まず家電量販店で電マ探しをしますと、かろうじて2~3本、しかもマッサージ器売り場のはじっことか、棚の隅とかに申し訳なさそうに置かれています。電マを見守って5年以上ですが、最近の家電量販店は、あまり電マを売る気がないようです。あれって単価2000~3000円ですから、そんなに儲かる商品ではない。あまり有名になり過ぎて、堂々と売るのはどうか、ためらっているのだと思います。

 個人的には、コンペの商品としてウケるので時々買います。理想は家電量販店で1本だけ、女性店員のいるカウンターに持って行くのが通かなと。女性従業員は、うつむきながら無言で処理します。「電マ1本ですね、有難うございます」とは、決して言わないとこが、むしろこのコ、使い道を知ってるんだと、わかっていて面白いんですけど。

 一方、電マを人気商品として扱っているお店もあります。いわゆる雑貨量販店です。特に、某D店は積極的で、家電売り場とアダルトグッズ売り場の両方にどっさり置いてます。

 家電売り場にある方が2000円程度と安く、アダルトコーナーのが3000~4000円ぐらいと高価なのが笑えます。厳密には違うものですが、性能はまったく一緒。

 それにしても家電売り場で、マッサージ器として堂々と山積みで売ってるんだから、驚きですよ。でもそれは使い方の問題で極論を言えば、だったらきゅうりやコンニャクだって、使い方によっては、アダルトグッズになるわけで、それを規制するのは無理って話ですが。

 そんなある日、山手通り沿いの有名雑貨量販店に行き、電マウォッチングしたんですが、そこも実にあっけらかんと健康器具と一緒に売ってました。しかも丁寧に肩や腰に当てろと、イラストで説明をしているのです。

 しばらく様子を見ていると、嫁入り前のうら若き女性が、その電マ売り場で足を止め、しげしげと説明を読み始めました。やがてサンプル電マを握り、こともあろうことにスイッチを入れたのです。え~マジ~、それから肩や首に電マを当てて、実に気持ちよさげな表情をして電マに揉みまくられていました。

木村和久

木村和久

 実に正しい本来の使い方ですが、見ているこっちはハラハラで、いつ凄く気持ちいいところに、電マをあてるのか心配でたまりません。生のライブ感っていうんですか、日常の非日常性とでもいうのか、とてもエキサイトさせていただきました。おそらくそのコは、電マの本当の使い道を知らないんでしょう。イマドキ小林麻耶級の天然ブリッコが、いることが驚きでしたけど。

 まあ今後は、是非アジアの方々が、日本の電化製品の素晴らしさを知り、本国にお土産に持って帰ることを切に望みます。そしたら、アジア同士でいがみ合うこともなく、楽しいプライベートライフを送れると思うんですけど。すると、これもTPPの交渉品目に入るのかなあ、余計な心配だっつうの。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中