マイルドヤンキー層は、シビアに日本の現状を分析している

マイルドヤンキー

地方都市を走る国道。ここが「マイルドヤンキー」にとっての人生の基盤だ

「ヤンキー経済」という言葉が注目を集めている。現代の消費のキーワードは、地方都市のマジョリティーである地元族の若者たちが担っているという見方だ。

「新たな消費の担い手」などと微妙に上から目線で語られることもある彼らだが、決してバカではない。

 意外にも彼らの主義主張や本音は、シビアに日本の現状を分析している。その近未来ビジョンは、主に「仕事」「恋愛」「友達」「結婚」で構成されている。

 まず仕事について特徴的なのは上京(都市部に行く)志向がないということだ。その理由は?

「上京したら負けって感じがあるんですよ。特に女は地元に仕事が少ないから、鞄ひとつ持って東京に出てシェアハウスに住む……みたいなコもいるけど、やっぱり一人暮らしってお金がかかる。せっかく上京しても、貧乏になったコも周りに多い。特に女の場合、上京したら100%、婚期を逃しますよね。地元は若い女が少ない分、多少ブサイクでも彼氏ができますし、さっさと共稼ぎになったほうが生活も人生も充実するじゃないですか」(茨城県・21歳♀)

 これがマイルドヤンキーの女性の仕事観だ。「仕事も恋愛も結婚も生活安定のため」という感覚があり、結婚・出産願望は非常に強い。

「婚期は大事。晩婚化とか何それ? だって地元で仕事続けても、女は30代で賃金は頭打ち。むしろ年食うほどマトモな仕事がなくなる。だからカネはなくても体力がある20代で第一子を生み、30歳になる前に気合いで子供を小学校に上げちゃう! 周りの同世代が一気に子供を生めば、子育ても協力し合えるし、絶対、乗り遅れちゃマズいっす」(茨城県・23歳♀)

 逆算すると、24歳には結婚・出産が理想。23歳だという彼女の言葉には焦りが感じられた。

 格差は拡大し、先行きが暗いとされる現代社会において、彼らなりに悟ったかのような諦観とリアリズムを感じさせつつも、地元の仲間との繋がりでタフに生きようとする彼ら「マイルドヤンキー層」。

 4/22発売の週刊SPA!「[ヤンキー経済]知られざる消費と本音」では、他にも男性マイルドヤンキー層の職業観や、その消費スタイルを形成するメンタリティなどについて、当人たちの声に耳を傾けている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!4/29・5/6合併号(4/22発売)

表紙の人/橋本環奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中