「宝くじを当てる猫」がいる神社があった!

 5月14日から、ドリームジャンボ宝くじが発売される。1等賞金は3億5000万円、前後賞合わせてなんと5億5000万円だ。交通事故に遭う確率よりも低い当選確率をなんとか上げるため、このGWは運気をあげるための助走期間として、いろいろと智恵を絞るのが宝くじファンの醍醐味。そんな彼らの間で、近年とみに人気上昇中のパワースポットがある。

宝当神社

そのネーミングゆえに、参拝に訪れる人たちのお願いは「当たること」だということは、容易に推測できる

 その名もズバリ、宝当神社だ。日本宝くじ協会あたりがいかにも取ってつけたような俗っぽいネーミングだが、由緒は戦国時代までさかのぼる正真正銘の本物だ。

 神社が鎮座するのは、佐賀県唐津市。唐津湾上に浮かぶ高島(周囲3km、人口400人弱)にひっそりと佇んでいる。かつて同島を海賊の襲撃から守った野崎隠岐守綱吉を祀った綱吉神社が当社の起こりである。島民のほとんどが野崎姓である同島で深い崇敬を集め、明治34年に「当島の宝」と讃える「寶當神社」と記した石造りの鳥居が奉納され、やがて「宝当神社」と呼ばれるようになったという。

 島へのアクセスは、唐津市から船に揺られること10分ほど。小さかった島がグングン近づいてくるにつれ、宝船に乗ったようにテンションが上がってくる。

 島に上陸したら、参道に沿って神社へ向かうのだが、途中の酒屋の軒先に、可愛らしい虎毛の猫が3匹たむろしている。お店のおばちゃんに尋ねると、これが宝くじファンの間で人気を集めている高島名物の招福猫、ふくちゃんとかねちゃんだという。一見したところはダル~っと寝そべるタダの猫。しかし、オバちゃんが一声かければ、スックと二本足で立ち上がり、前足で超キュートなお祈りポーズをキメてくれるのだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=629519

 お祈りしてくれるだけならいざしらず、なんとこの2匹の猫、ふくちゃんとかねちゃんにお祈りしてもらい触ったら宝くじに当たる人が続出! 店内はそこかしこに当せん者から届いた感謝の礼状で溢れている。いちばんの目玉は、平成24年の年末ジャンボ。なんと神社に参拝してふくちゃんとかねちゃんに触った人が1等4億円を引き当てたのである。

宝くじ,高額当選

ふくちゃんとかねちゃん効果!?で見事に高額当選を果たした参拝者は多数。他にもロトなどの当選者も

 さらにご利益をアップさせたい欲張り屋さんのためにと、酒屋のおばちゃんが取り出したのは、このハッピー猫ふくちゃんとかねちゃんにちなんだ「宝当黄金袋」(1500円+税)。買った宝くじをこの袋に入れて神社に参拝すると、ご利益はもう無限大!? 島内にも宝くじ売り場が設けられており、ここで大量買いして参拝するツワモノはあとを絶たないそうな。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=629518

 旅打ちがてらに参拝して、億万長者の夢を叶えてみてはいかがだろうか。

<取材・文・撮影/SPA!一攫千金調査隊>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中