カラオケで『粉雪』を歌うアラフォーはイタイ!?

カラオケ,アラフォー

こな~ゆき~♪

 何気なくやってしまう言動が、20代OLから見たら「たまらなくオヤジくさい」。そんな危険行動の数々を、毒舌OLが座談会であげつらいます。

 集まってくれたのは、毒舌には自信があるというOL3人。

▼ユイ(26歳・IT)
▼マキ(28歳・メーカー)
▼ナナ(25歳・広告)


 職場のアラフォー男性がやっていたら「オヤジくさい」と思う言動を、思いつくままに語ってもらった。

【ファッション編】

ユイ:アラフォー世代って、なんかカラーシャツ着たがる人多くない?

ナナ:はいはい。黄色とかピンクとかね。白かブルーにしとけばいいのに。

マキ:あれって“かわいい俺アピール”なのかなあ? 袖を折り返したら水玉、とかってよくわかんないこだわりがある人も多いよね。

ナナ:ネクタイがよく見ると小花柄とか、動物柄とかね。

ユイ:かわいいアピールしてると、かえってオッサンに見えるのにね。

マキ:男の人は色も柄もクール系の方がいいのにね。

ナナ:あとはやっぱり「派手なメガネ」。

ユイ:あ~、オレンジ色のフレームとかね~。

マキ:アラフォーになると暖色系に走りがちなのかな。全然、点数アップにはならないのにね。


【アフター6編】

マキ:アラフォーはカラオケで、「AKB、金爆、『粉雪』」を歌う。

ナナ:わかる~(笑)。頑張っちゃってる感がイタイんだよね。

ユイ:大好きなミスチル歌えばいいのに。

マキ:あとはサザンとか。年相応の歌の方が好感度高いよ。

ユイ:こっちは気を使って松田聖子とか歌うじゃん?

ナナ:空気読んでほしいよね。


【恋愛編】

マキ:アラフォーの既婚者って、図々しい人いるよね?

ナナ:いるいる。会社の飲み会で、酔っぱらうとテーブルの下で私の膝を指でツンツンしてくる係長がいて、マジウザイ。

ユイ:2次会の店に移動中、ドサクサに紛れて手をつないで来るのはやめて。

マキ:酔えばなんでも許されると思ってるのかなあ?

ナナ:20代ってあまりお酒飲まないコが多いから、こっちは覚えているのにね。

ユイ:私なんて、こないだ店を出るなりベロチューかまされたよ。

ナナ&マキ:えっ!?

ユイ:先輩にご飯行こうってしつこく誘われて、断りきれずに行ったの。そしたらその日に。もちろん既婚者だよ。

ナナ:図々しいね~。

ユイ:「だめですよぉ~」とか言っておいたけど、駅のトイレでうがいしまくったよ。

マキ:セクハラで訴えられたらどうするつもりなんだろね。

ナナ:セクハラまがいのことはしてこないけど、明らかに「慰めてほしいんだろうな」ってアラフォーは多くない? 家庭の愚痴とか、仕事の愚痴とか、廊下ですれ違うたびに語ってくる人がいるんだけど、「奥さんは話聞いてくれないのかな」ってかわいそうに思って聞いてあげてるよ。

マキ:癒されたい欲求が強い人が多い気がする。

ユイ:それだけ人生、大変なんだろうね。

ナナ:でも、飲み会前に、「月の小遣いが2万円しかないんだよ」とかぼやくのはやめてほしい。気を使って、和民とかにしなきゃならなくなるし。

マキ:遠回しに「奢らないよ宣言」されてるのかな?って思うよね。

ユイ:そんな小細工されると、尊敬なんできないよ~。

ナナ:ましてや恋愛なんてあり得ないよね。


 泉のように湧き出てくるダメ出しの嵐。身に覚えのある人は注意されたし。

<取材・文/ともりん>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中