偏差値48から東大に合格したロリータ娘の管理術

大石蘭さん

『妄想娘、東大をめざす』の著者、大石蘭さん

 ロリータファッションに身を包んだ東大大学院生・大石蘭さんが描いたコミックエッセイ『妄想娘、東大をめざす』がジワジワと注目されている。一見、サラリーマンには関係ないように思える同書だが、読んでみると意外に共感できたり、参考になったり、熱くなったりするところも。先入観を取っ払って、一度手に取ってみてはどうだろう。

――本書を執筆したきっかけは?

大石:もともとは、私が10代のころから愛読していた雑誌『spoon.(スプーン)』に寄稿したことがきっかけです。2013年4月号の「ロリータと装甲」という特集に、私の東大受験の話を絡めた原稿――12ページで1万文字くらいだったかな――が掲載されて、けっこう反響をいただいたんですね。

 本書の編集・プロデュースをしてくださった石黒謙吾さんに、先の特集記事を読んでいただいて「面白い! この話、いつか本にしたいね」という話になり、最終的に本書のような形で結実した、という感じです。

 スプーンの編集長や石黒さんと知り合ったのは、荻窪にある「6次元」というちょっと個性的な書店です。そこによく出入りしていくなかで店主の方と親しくなり、私が小説などを書いている話をしたら、「作品があるなら持ってきなよ」と言ってくださって、いろいろな方を紹介してくれました。お仕事として文章やコミックエッセイを執筆できるようになったのは、ご縁に恵まれたおかげ。幸運だったと思います。

――本書はコミックエッセイの体裁ですが、もとは文章だったワケですね。

大石:というか、文章しか書けないと思っていたんですよ。イラストは描いていましたが、あくまでも趣味のレベルだと思っていたので。小説は、高校のころから書いていたし、東大でも文芸サークルに入ったりして、4年で20作くらい書いてきました。だから、最初は小説を考えていたのですが、本書を担当してくれた幻冬舎の編集さんから「いまは小説がなかなか売れないし、絵が描けるならコミックエッセイなんてどう?」とアドバイスされて。石黒さんからも「小説はいつでも書けるよ。今回は、コミックエッセイで頑張ってみよう」なんてお話があり、チャレンジしてみようかなと。

――これまでマンガを描いた経験は?

大石:実はありません。だからもう、イチから勉強でしたね。一枚絵のイラストはたくさん描いてきましたけど、マンガとなると、また話は違うので。ご指導いただきながら、どうにか描き上げた感じです。でも、挑戦してみてよかったですね。「コミックエッセイみたいな体裁って、私、意外と向いているのかな」とうぬぼれてみたり(笑)。一方で、ガッツリと文章で読ませるような作品もやってみたい気持ちは強くなりましたが。

――たとえば「小説を書きたい」「表現する仕事に就きたい」と、かけ声だけは威勢がいいけど、結局なにもしない人は少なくありません。いざやろうとすると、面倒だったりするじゃないですか。

大石:私、絵を描いたり、文章を書いたりすることは億劫じゃないんです。それに「やりたい!」と本気で思うなら、やればいいだけのこと。もちろん、ときには面倒に思うこともありますよ。「今日は眠いし、原稿書きイヤだな」とウダウダしたり。

 ただ、これは東大受験のときもそうでしたけど、自分の好きなこと、自分の進みたい道に取り組むのであれば、本当に初歩の初歩、スタート地点から真面目に始めないと、なにも動かないなと。偏差値48から東大を目指したくらいなので(笑)、本気で何かに取り組むなら、一度、自分を落とすだけ落として、メチャメチャ低いところから立ち上がっていかないと、なかなかうまくいかない……みたいな感覚は強いです。そういう意味では、ストイックかもしれません。

 あとは、自分の手を動かしていないと不安になる、性格的なこともあると思います。というか、何事も可視化しないと消化できないんですよね。

――可視化ですか?

大石:ええ。たぶん、アタマのなかがすごくアナログなんだと思います。予定を立てるにしても、手帳に細かく書き込んでいかないと、自分がどう行動すればいいのかわからなくなるんですよ。暗算みたいにアタマのなかだけで処理できないから、いちいち手を動かして形に残し、可視化しないと不安というか。手帳なんて、ホントに書き込みでビッチリです。お金の計算も苦手だから、ぜんぶ手帳に書き出しているくらい。

――ビジネス誌などで語られる手帳活用の極意みたいですね。「どんなに細かいことでも、すべての予定を書き出せ」「スケジュールは手書きで管理せよ」みたいな。

大石:そうなんですか? でも、手書きはすごくいいですよ。自分の身体でスケジュールを消化している感じがして。カレンダーアプリといったデジタルツールを使っても可視化はできますけど、手書きするほうがより肉体的な気がするんです。

 大学受験のころから、スケジュールをずっと手書きしてきました。予定を書き出して、こなせたら線を引いて消していくのが気持ちいい。自分がどれだけ進めたのか目に見えるから、なんだか嬉しくなるんですよ。

⇒【中編】「ロリータ東大生の時間管理術とは?」に続く
http://nikkan-spa.jp/632564


<取材・文/漆原直行>

【大石蘭】
1990年福岡県生まれ。東京大学教養学部卒。現在、東京大学大学院修士過程(比較文学比較文化を専攻)在学中。雑誌『Spoon.』に掲載された自伝的短編「そんなお洋服ばっかり着ていると、バカに見えるよ」が注目を集め、同誌や『PHP Special』『mille』などでエッセイ、イラスト、コラム、レビューを執筆するように。2014年3月、初めての著書となる『妄想娘、東大をめざす』を上梓。少女文化と原宿、スイーツをこよなく愛する。憧れの女性は椎名林檎、蜷川実花、よしもとばなな。いつか彼女たちに逢いたいと妄想しつつ奮闘中。

妄想娘、東大をめざす

普通の女子高生の泣き笑い東大受験奮闘記

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中