[プーチン銘柄]は絶好の仕込みどき?

ウクライナ問題の発生で、ロシア株式市場は大暴落。投資家にとっては絶好の買い場となった。儲けのチャンスを逃さないために、ロシア株投資のリスクと推奨銘柄を探る!

◆ウクライナ問題に揺れる魅惑のロシア株

 2月末、ロシアの株価指数は20%以上の急落となり、4年半ぶりの安値をつけた。理由はもちろん、プーチン大統領が突然、火をつけたウクライナ情勢だ。その後もくすぶり続けるロシア株だが、これはまさに投資のチャンスと言える状況なのだ。

「ロシア株はもともと非常に割安でした。市場平均PERで見るとロシアは4倍。日本の14倍に比べると非常に割安で、中国やインドと比べても割安感は際立っていました。ウクライナ情勢が緊迫して以降は、割安度合いがさらに強まっています」

⇒【グラフ】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=638615

PER

日米やほかのBRICs国と比べてもロシア株の平均PERは割安。非効率な経営、プーチン大統領への警戒感などが背景にあるようだ

 そう解説してくれたのはロシア株を保有する個人投資家・浅草の賢人氏だ。BRICsの一角としても注目されたロシア。なぜこうも割安なのか。

「ロシア企業の生産性が低いためです。代表的な産業である石油にしても前時代的な採掘機器を使っているため、採掘効率が非常に悪い。それにプーチン大統領の権限が強く、その意向次第で状況が変わってしまうため、海外投資家も安心して参入しづらい」(元シティバンクの西原宏一氏)

◆PERは大底水準に。株価2倍の可能性も

 ウクライナ情勢が回復しても、PERが先進国並みになることはなさそうだが、それにしても、4倍は安すぎる。

「2月末に急落したときは3倍程度でしたが、これは過去最低に近い水準。過去にはPER10倍まで上がったことがありますから、ここからさらに株価が半額になる可能性よりも、2倍になる可能性のほうが大きいのは明らかでしょう」(浅草の賢人氏)

 RTS指数(ロシアの代表的な株価指数)は3年前の’11年頃は2100ドル台で推移。現在の1200ドル程度を考えると、上昇余地はかなり大きい。そこで、投資家として気になるのは、やはりプーチン大統領のご意向。戦争にでも発展しようものなら、とてもロシア株投資などできない。

⇒【グラフ】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=638617

RTS

プーチン大統領がクリミア半島に乗り出したことで、ロシアの株式市場は急落。市場平均PERも過去最低水準まで下げ、割安なバーゲンセール状態となっている

「ウクライナ情勢がさらに悪化する可能性は低いでしょう。プーチンもオバマもウクライナも、誰も武力衝突は望んでいません。一人あたりのGDPはロシアが1万4000ドルに対してウクライナは3分の1以下。ウクライナ本体を併合するだけの余裕はロシアにもない。あくまでも、今回は帝政ロシア時代からの悲願である『不凍港』の確保が目的。クリミア半島編入で、十分にその目的を達成しました」(西原氏)

 だが、暴君と呼ばれるプーチン大統領への国際世論の厳しい批判は日増しに強まっている。追加の過酷な経済制裁を受ければ、ロシア経済への打撃は大きい。

西原宏一

西原宏一氏

「これ以上の経済制裁も考えにくい。オバマ外交は“強気”ではなく、どっちつかず。欧州はエネルギーをロシアに依存していて、強気にはいきにくい。イギリスも金融面でロシアマネーとの結びつきが強く、関係を悪化させたくないのが本音でしょう」(同)

 とはいえ、リスクが完全にないわけではない。テールリスク(可能性は低いながらも影響が大きいリスク)として挙げられるのが、ウクライナ東部に住むロシア系住民の暴走である。

「彼らが武力蜂起でもすれば、プーチン大統領ですらコントロールできません。ウクライナは内戦状態に陥って泥沼化します。そのときは、ロシアの株式市場も急落するはずです」(同)

⇒【次回】『ウクライナ問題で大暴落「ロシア株」の買い時を探った』に続く
http://nikkan-spa.jp/638592


【浅草の賢人氏】
個人投資家。サラリーマン投資家。’01年から投資を始め現在の資産は3000万円ほど。ロシアやアメリカ、中国など海外株投資の経験も豊富。http://ameblo.jp/peppermint/

【西原宏一氏】
為替ディーラー。シティバンクなどを経て独立。海外ヘッジファンド勢を中心に築いた独自の情報網で世界のマクロ経済に精通。http://www.ck-capital.jp/

― 絶好の仕込みどきが到来[プーチン銘柄]狙い撃て!【1】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中