あのほろ苦さが蘇る!レトロゲームはスマホで楽しめ

鉄道やロケット……少年時代、惹かれてやまなかった世界だ。そんな、「内なる少年」を刺激する話題を、その道の達人が厳選。さらにベスト5も選定してもらった。あの頃の胸の高鳴りが蘇る!

◆懐かしさと理不尽。あのほろ苦さがスマホの中で蘇る!【ファミコン】

フジタ氏

フジタ氏の部屋には著名人も訪れる。プレイスペースが極狭で対戦ゲームは縦並びだ

 高橋名人の後継者との呼び声も高いファミコン芸人フジタ氏。そのマニアっぷりは彼の自宅を訪れたら一目瞭然。2LDKの部屋がゲームソフト1万7000本で埋め尽くされ、生活スペースはたったの1畳。ゲーム購入のために1000万円以上の借金を抱えた。

「レトロゲームは素晴らしいんですよ。昔は情報が少なくて、自分で地道に技を編み出すしかなかった。誰も教えてくれないし、どうなるかもわからない。人生と似ているからたまらないんです」

 今やスマホで手軽にゲームを楽しめる時代。レトロゲームの良さは失われてしまったのか?

「実はスマホで当時のゲームを忠実に再現したものが沢山あります。新しい機能も搭載されているので、スマホからレトロゲームの道に入るのもオススメですよ!」

 まさに温故知新。スマホでできるオススメレトロゲームを聞いた。

まいにちスペランカー

1位「まいにちスペランカー」伝説の即死ゲーが機能も新たに蘇る!自分の背丈くらいの浅い穴に落ちると死んだり、坂道をジャンプすると死んだり。「こんなことで死ぬんかい!」と身悶えるツッコミ満載のゲーム

「イチ押しは『まいにちスぺランカー』ですね。“即死ゲー”で有名で、主人公がすぐ死ぬんですよ(笑)。当時は難易度が高くて、ロープからロープへ渡るのがものすごく難しかった。それがスマホに移植されたら、簡単になっていて、初心者でもクリアできるようになりました」

 上級者向けの難しい面も残っており、マニアも初心者も楽しめる。

「次点は『カラテカ・クラシック』。これも“クソゲー”で、独自のルールを知らないと何千回も死ぬことになります。礼をして戦いのポーズを取る手順を踏まずに敵に触れると即死です。説明書には書いてないので、自分で見つけるしかない。人生そのものですよね」

 多くの男子はゲームに人生を教えられた。あのほろ苦さ、理不尽さは懐かしい……。

<1万7000本所有ファミコンマニアが選ぶ スマホでできる懐かしゲーム BEST5>

1位「まいにちスペランカー(iPhone/Android 400円)」
当時の面白さも残して、コンティニューなどの新しい機能を搭載

2位「カラテカ・クラシック(iPhone 85円/Android 99円)」
昔のままの「カラテカ」を楽しめる。もちろん即死ゲーっぷりも健在

カラテカ・クラシック

2位「カラテカ・クラシック」理不尽さが当時の少年を虜に!スタートするといきなり主人公は崖に立っている。後ろに行くと即死。敵とすれ違うと即死。「忍耐力が養われる!」とフジタ氏

3位「バブルボブル・ダブル(iPhone 500円)」
通信で2人プレイすることが可能。音楽も良く、評価が高いゲーム

4位「マッピー(iPhone 85円/Android ※auスマートパス 月額¥390でアプリ取り放題)」
ネズミが猫から逃げ回るという可愛いゲーム。当時は女子受けした

5位「ドラゴンクエスト(iPhone/Android 300円)」
あの名作が安価でできるのはスマホならでは。続編も登場している

― 少年マインドを呼び覚ます[マニアックBEST5]【6】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中