オヤジが女性をディズニーランドでオトす鉄板方法

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その15 ―


 キャバクラでオヤジの三段論法というのがあり、キャバ嬢がひきまくることがよくある。いきなり初対面のキャバ嬢にオヤジは「キミ、セクシーだね、エッチ好きでしょう」と暴言に近い言葉を吐く。キャバ嬢は仕事だから「え~まあ別に嫌いじゃないですよ」と、頑張ってリップサービスをする。そこですかさずオヤジのカウンターパンチが炸裂だ。

「エッチ好きなんだ、じゃ今度しようよ、いつする?」

 なんか会話の凄く大事な部分が全て欠落しているんですけど。これでできたら、ほんと世の中なんでもありだわな。

 ところがである、このオヤジの三段論法が唯一成立するケースがある。それがディズニーランドへの誘いだ。

オヤジが女性をディズニーランドでオトす鉄板方法(イメージ画像)

※写真はイメージ。本文とは関係ありません

「今ディズニーランドでイベントをやってるから、行きたいね」とキャバ嬢に言うやいなや、脊髄反射的に「わ~行きたい~連れてって~」という。これは間違いない。そこで三段論法的に決定的なスマッシュを決める。「じゃ明日行こうよ、大丈夫ちゃんと日帰りだから」というと、キャバ嬢は唐突に言われつつも、さほど危険な話ではないかもと思案顔になる。

 そこで後は押しの一手だ。入場券はおごってやり、食事は御馳走、おみやげも買ってあげる。心配なら友達を連れて来てもいいよ的なことをアピールして、口説かれる危険がないことを分からせるのだ。まんざら悪い話ではないなと思いつつも、今度は相手側のメリットが見えないことに不安となる。「そうまでして、なんで行きたいの?」と素朴な疑問を投げてくるキャバ嬢もいる。

 それは後々、セックスに繋がるからなんて口が裂けても言えない。「もう一度青春に戻ってみたいんだよ。一緒に耳つけてさ~」。もう、このひと言で決まりだ。「オヤジ客の青春回帰にひと役買うわけか、だったら協力してやってもいいかな」と、俄然キャバ嬢は乗り気になるのだ。

 後はスケジュールの問題だ。翌日にはならないかもしれないが、かなりの確率で、近日中にディズニーランドデートができるのである。こちらの出費にしても、どうせキャバクラで2万~3万円使うなら、ディズニーランドで大盤振る舞いしても、キャバクラ代にも満たない。それでお気に入りのコと、丸一日デートができるのだから、安いもんだ。

 さて当日、ここでオヤジの魅力をみせつけ、やっぱ大人は違うってところをアピールしよう。まずはクルマでどこかまでお出迎え。これは単なる移動手段だから、見栄を張らず平凡な国産車でいい。意識を集中するのは、あくまで夢の国でのお遊びのほうだ。

 上手く合流して、キャバ嬢を連れて行くのは、ディズニーシーのホテル、ミラコスタだ。唐突にここに連れて来られて戸惑っているキャバ嬢に「大丈夫、部屋は取ってないから。ここから入るとでかい駐車場を歩かなくてもいいだろう」と、彼女をホテルの入り口で降ろしてスムーズにチェックインだ。

 タネあかしはこうなっている。ミラコスタの主要な3つのレストランのディナーを予約した者は、ミラコスタの駐車場を利用できる仕組みになっている。ホテルのエントランスをくぐり、ロビーでグッズを見ながら奥へ進むと、あれまあ、なんとそこはディズニーシーの園内じゃありませんか。女のコはちやほやされ、VIP気分になるのが好きだ。もうこれでスタートダッシュは約束されたも同然。

 この段階ですでにチケットは購入しておくべきで、彼女がディズニーランドにこだわっているなら、共通券を買っておけばいい。あとでディズニーランドに行くとか言っても、面倒くさいので、来たら来たでディズニーシーに落ち着くって。そして、いよいよオヤジのテクにハマるのである。

 さて、お待ちかねメインイベント、ディナーである。ディズニーシーの公式レストランでは、真ん中の池でのアトラクションを見ながら、ディナーが食べられる。もちろん席によってはショーが見えないこともあるが、そのときはいったん中座して、スタッフがショーが見えるところへ案内してくれるから大丈夫だ。

 今まで野菊の花のように道端で、背伸びしながらひっそり見ていたショーだったが、今や高級ホテルのレストランのバルコニーで、庶民を見下ろしながらショーを見るまでに出世してしまった。

 キャバ嬢はショーを見ながら、このオヤジを見直し始めるだろう。「案外、このオヤジできるじゃん。ポケットからくしゃくしゃのお札を、もったいなさそうに取り出す同年代の野郎より、全然スマート。あっちの方も上手いと言ってるし、今度お手並み拝見しようかしら」と、なる予定である。

 キャバクラに行かない人は、彼女候補の女性にお試しあれ。評価が高まりますよ。

木村和久

木村和久

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

<Photo by Andy Castro via flicker>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中