中国人に日本製「紙おむつ」が大人気な理由

「花王の紙おむつ、高値で買い取ります。1個でも大量でも」

中国人に人気の日本製「紙おむつ」 東京のある中国食材店に貼られていたチラシだ。実は今、中国では花王の紙おむつ「メリーズ」が大人気。目ざとい在日中国人の間ではドラッグストアで買い占めたおむつを中国に転売するのがおいしい副業になっている。話を聞いたある在日中国人ビジネスマンはバイトを使って買い漁り、毎月コンテナ1個分を転売しているという。小売店で買い漁るというあまりにも頭の悪いやり方だが、中国での転売価格は日本の倍に達するケースもあり、十分に儲かるお仕事なのだとか。

 なぜこんな効率の悪い商売がなりたつのか。

「毒食品の国・中国」の製品を一番恐れているのは中国人自身。自分たちは我慢してもかわいい赤ちゃんには外国製品を使わせたいと考えるのは親心だ。一応、正規ルートの輸入品もあるのだが、関税で高かったりニセモノが混じっていて信頼できないとのことで輸入品が好まれる。かくして「日本の一部地域でメリーズが欠品」とか、「中国人観光客がオランダのスーパーで粉ミルクを買い占めた、地元のお母さんが困ってます」といった不思議なニュースが誕生することになる。

 という話を聞くと、安全な日本製品を持ち込めばなんでもバカ売れするような気がするが、そう簡単にはいかないのが面白いところ。例えば紙おむつにしても爆発的な人気を持つのは日本製品の中でも「メリーズ」だけ、なのだ。なにが発端なのかわからないが、「メリーズいいよね」という口コミが次第に広がり、今の人気につながったという。

 海外製品ならばなんでも安全で大人気、ではない。海外製品という下地の上に口コミというプラスアルファが必要になる。「検閲の国・中国」ではマスコミがあまり信頼されていない。トレンドを生み出すのはマスコミ以上に怪しげな口コミやネットの噂だ。うまく口コミを広げる方法を見つければひと儲けができそうなもの。だが、いわゆるステマ企業がごまんとある割に勝利の方程式は見つかっていない。日本ブランド、というだけで、ひと儲けするのもなかなかに難しいようだ。 <取材・文・写真/高口康太>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中