中国人に日本製「紙おむつ」が大人気な理由

「花王の紙おむつ、高値で買い取ります。1個でも大量でも」

中国人に人気の日本製「紙おむつ」 東京のある中国食材店に貼られていたチラシだ。実は今、中国では花王の紙おむつ「メリーズ」が大人気。目ざとい在日中国人の間ではドラッグストアで買い占めたおむつを中国に転売するのがおいしい副業になっている。話を聞いたある在日中国人ビジネスマンはバイトを使って買い漁り、毎月コンテナ1個分を転売しているという。小売店で買い漁るというあまりにも頭の悪いやり方だが、中国での転売価格は日本の倍に達するケースもあり、十分に儲かるお仕事なのだとか。

 なぜこんな効率の悪い商売がなりたつのか。

「毒食品の国・中国」の製品を一番恐れているのは中国人自身。自分たちは我慢してもかわいい赤ちゃんには外国製品を使わせたいと考えるのは親心だ。一応、正規ルートの輸入品もあるのだが、関税で高かったりニセモノが混じっていて信頼できないとのことで輸入品が好まれる。かくして「日本の一部地域でメリーズが欠品」とか、「中国人観光客がオランダのスーパーで粉ミルクを買い占めた、地元のお母さんが困ってます」といった不思議なニュースが誕生することになる。

 という話を聞くと、安全な日本製品を持ち込めばなんでもバカ売れするような気がするが、そう簡単にはいかないのが面白いところ。例えば紙おむつにしても爆発的な人気を持つのは日本製品の中でも「メリーズ」だけ、なのだ。なにが発端なのかわからないが、「メリーズいいよね」という口コミが次第に広がり、今の人気につながったという。

 海外製品ならばなんでも安全で大人気、ではない。海外製品という下地の上に口コミというプラスアルファが必要になる。「検閲の国・中国」ではマスコミがあまり信頼されていない。トレンドを生み出すのはマスコミ以上に怪しげな口コミやネットの噂だ。うまく口コミを広げる方法を見つければひと儲けができそうなもの。だが、いわゆるステマ企業がごまんとある割に勝利の方程式は見つかっていない。日本ブランド、というだけで、ひと儲けするのもなかなかに難しいようだ。 <取材・文・写真/高口康太>

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中