球場のビールの売り子は阪神ファン対策に「六甲おろし」を暗記する!?

「お客様は神様です」なんてあまりにも有名な言葉もあるが、かといって客は店員に威張り倒していいわけではない。「知らぬ間に自分もしているかもしれない」という自戒の念も込め、さまざまな接客シーンでの客のウザ自慢を集めた。

◆熱狂的ファン自慢【球場ビール売り子】

球場ビール売り子 球場でビール売りをしているYさん(女性・21歳)は、「自慢話を聞くのも仕事のうち」と話す。

「自慢話がひどいのは2パターン。ひとつは部下を引き連れて球場に来ているオジサンです。部下にビールをおごるときに、『コイツら俺の部下だから』なんて紹介される。『すごいですね』と話を合わせると自慢話がスタート。近くを通るたびに『コイツ俺に恋愛相談までしてくるんだから。慕われる上司もツラいよ、ハッハッハ』とか言われても……。でも、笑って相手をすればビールを買ってくれるので、仕事と割り切ってます」

 そしてもうひとつのパターンは、阪神タイガースのファンだとか。

「『阪神ファンにビールを売るならバースの応援歌は知らないと』から始まり、阪神の栄光の歴史を語られるのは日常茶飯事。気に入ってもらうためには、’85年の優勝メンバーを言える程度の知識を仕入れておかないといけない。おかげで『六甲颪』の歌詞も覚えちゃいました(笑)。もちろん試合展開も要チェックです。『見ただろ? 新井弟は俺が認めた男だからな』なんて言われますから」

 とはいえ、阪神ファンは一番ビールを買ってくれる“良客”でもあるのだとか。ビールの売り子は、キャバ嬢並みの接客術で、自慢話と注文を引き出しているのだ。

★阪神ファンの自慢話に付き合うには、「六甲颪」の歌詞暗記は必須!

― 接客業[お客のこんな自慢話]がウザい!【6】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中