世界的ラリーで占う 来年の投資先はどこがよいか?(2)

読者は「パリ・ダカール・ラリー」というのを聞いたことがあるに違いない。実は、「パリ・ダカール」は今はすでに存在しない。2009年に、ラリーの開催場所は南米のチリ・アルゼンチンに移動した。「アフリカの治安が悪い」ことが理由だ。ラリーのゴール地点は、従来のセネガルの「ダカール」ではなくなったが、ラリーのブランド名として「ダカール」という言葉を使っていて、それが南米で行なわれているのだ。また、その兄弟分として、ダカール・シリーズという自動車レースが設けられている。ダカール・シリーズとして認められるためには、コース全体の51%以上が砂漠で、一定以上の起伏があるコースでなければいけない。

SWR

撮影/JamesAu氏

ロシアで今年7月9日から始まったSWR(シルク・ウェイ・ラリー)もそのダカール・シリーズの一つだ。日本では、シルクロードという名称が一般的だが、海外では、シルク・ウェイと言われることもある。

この手のラリーはF1とは明らかに違う。毎日、走る場所が変わり、景色が変わる。組織委員会幹部が言うには、そこが重要だという。「どのチームが1位かということも関心事には違いないが、テレビ視聴者の調査によると、ダカール・ラリーではそれは全体の3分の1の重要度だ。次の3分の1は、レースの過酷さ。特に、トラック部門のレースは人気がある。トラックは運転が難しく、転倒する車が多い。死者が出ることもある。また、残りの3分の1は、毎日変わるコースの美しい、あるいは、エキゾティックな風景だ。誘致する国は、それが目的で誘致をしている。経済効果は120百万ドル以上(約100億円)」とのことだ。

シルク・ウェイ・ラリー(SWR)は今年で3回目。毎年、スタート地点は変わる。今年はモスクワがスタートで、ソチが ゴール。ソチがゴールになったのは昨年の2回目からだ。つまり、SWRのロシアでの意味合いが、単なる観光促進のための自動車レースから、ソチを宣伝する ためのツールに変わってきたということだ。

実は、このSWRは、ルクオイルとトランスネフチというロシアの石油関連企業がスポンサーになっている。おそらく読者は聞いたことがないに違いない。それもそのはず。ロシア国内での業務がほとんどで、海外進出はほとんどしていないのだ。

ルクオイルはロシア最大の石油会社で、いわゆるオリガルヒ(新興財閥)の一つだ。一方、トランスネフチはロシアのパイプラインの事実上の独占会社。 東はシベリアから、西はヨーロッパまでをつなぐ、巨大なパイプラインを有する。ロシアは、今や、サウジアラビアをしのぐ、最大産油国だ。石油価格は、今年ははじめのピークからは下ったものの、歴史的な高値圏で安定していると言える。今はまだ平穏を保っているサウジアラビアに、北アフリカ・中東の革命が及べば、サウジアラビアの原油生産量は落ち込み、原油価格はさらに高騰。ロシアがダントツの最大産油国として、一人勝ち。さらに潤うことは想像に難くない。

⇒世界的ラリーで占う 来年の投資先はどこがよいか?(3) に続く

【筆者プロフィール】
石井至(いしい いたる) 1965年北海道生まれ。東大医学部卒。米・スイス・フランスの外資系銀行でデリバティブ商品開発に従事。28歳でマネージング・ディレクター就任は日本人最年少記録。32歳に引退後、独立。現在は石井兄弟社代表取締役社長。金融コンサルタンティングを軸に、金融・教育分野で事業展開し、運営する小学校受験塾「アンテナ・プレスクール」は名門校への高合格率を誇る。

関連記事

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中