SKE48大矢真那「後輩に背中で伝えられるようになりたい」【37thシングル選抜総選挙・速報発表直後インタビュー】

SKE48大矢真那AKB48 37thシングル選抜総選挙の速報発表が5月21日に行われた。ランクイン圏内となる80位までのなかに23名のメンバーが名を連ね、今年も選挙への強さを示したSKE48。そんなSKE48で『選挙の人』という称号を手にした元祖である大矢真那に速報発表直後に話を聞いた。

――大矢さん自体は33位で呼ばれましたが、速報への率直な感想はいかがですか?

 速報までって投票券が入っているCDが発売して1日しかないじゃないですか。一日でこんなにも多くの方が自分に思いを伝えてくださったことがすごく嬉しいです。ありがとうございますと伝えたいです。

――目標を16位と掲げていますが、その気持ちに変わりはないですか?

 速報の時点で選抜の枠にSKE48のメンバーが多く入っているのを見たら、自分もここで満足しちゃいけない、自分もそこに入りたいって気持ちが強くなりました。少しでも上を目指したいって思いますし、掲げている目標は選抜なのでそこを目指したいです。

――SKE48の選抜には4thシングルから毎回入っていますがSKE48を背負っていきたいという思いはありますか?

 あります。一期生として最初からSKE48にいるのに、今までメンバーに教えていかなきゃいけないことを私がちゃんと教えてあげられていたかと言ったら、あまりそうではなくて。でも言葉にしなくても何かに対する姿勢とか思いは後輩メンバーたちに絶対伝わると思っているんです。とにかく今は私の背中を見せていきたいなと思っています。私、最初のころ、トークのときにすごく遠慮しちゃってメンバーの様子を見ながら話してたんです。でも、それじゃダメだってことに気づいて、周りを考えずにしゃべるようにしたんです。結果、しゃべるとみんなに笑われるような状態になってしまったんですが……。今までは卒業したメンバーたちが、私の言葉をひろって、それを面白くしてくれていたんです。もっとトーク力をつけて、これからは自分で道を切り開くしかない! 今年はそう思っています。後輩の勢いもすごいので、その波に飲まれないように自分もしっかり前を歩いていきたいんです。

――その意味でも総選挙の結果は大事かと思いますが、今までの選抜総選挙を振り返って思い出深いことはどんなことですか?

 私のなかで第2回の選抜総選挙でランク内に入れていただいたっていうのがすごく大きかったです。当時、私を応援してくださっている方だけじゃなくて、「私を支えたい」と言ってくれた方たちみんなが私のことを考えてくださったから40位までに入れたと思うんです。48グループの選抜総選挙っていろんなドラマが生まれるじゃないですか? 第1回でAKB48 の(佐藤)亜美菜さん(卒業生)が8位に入ったこともそうだと思います。その年にもっと上にいるべきだってファンの方が思って、支えたいってファンの方に思われるメンバーがいて、そういうドラマを毎年見られるのは嬉しいです。私も私の事を応援してくださっている方たち以外のファンの方に真那を応援してあげたいなって思われるようにならないとなって思いました。私、自分のファンの方が自慢なんです。握手会とかでも「どうしたら(まさなコミュニティに)入れるの」とか聞かれるんですけど、ちょっとでも私のことを思っていただければ全然入っていただきたいです! そういう遠慮はいらないです!

――今年、SKE48のファンの方は不安に思うことも多かったと思うし、1期生ということもあるので、「私についてこい」とか言ってみたらどうですか?

SKE48大矢真那

目指せ選抜入り

 えー、ついてきてくれますか~? どうしたらみなさんに安心してもらえるかなぁ。でもやっぱりSKE48を応援してくださる方、ひとりひとりが笑顔になってほしいから目の前のファンの方ひとりひとりと視線を合わせていければと思います。私が別のチームの公演を観たとき、同じメンバーなのに目があったら嬉しかったんです。そういう思いを多くの方たちにしてもらえればいいな。そして、今後もSKE48を愛していただけたらと思います。

 いまや数少ないSKE48のパイオニアが名古屋を背負い、結果を残せるか。選抜総選挙当日を楽しみに待ちたい。

【大矢真那】
’90年11月生まれ、愛知県出身。SKE48チームS所属。ニックネームはまさにゃ。48グループ内でKD(キッズ大好き)メンバーと知られる。かわいらしい年少メンバーをこよなく愛している

<取材・文/ヤスオ 撮影/水野嘉之>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中