スマホのアダルトサイト架空請求「PCよりも危険」

個人情報がギッシリと詰まったスマホをターゲットにした不正なアプリやサイトが増えている。その巧妙な手口を探った!

◆あなたのスマホに忍び寄る犯罪者の狡猾な手口とは!?

 ある日、こんなメールが届く。

「あなたのスマホのアドレス帳データは全て抜き取った。写真や動画も保存した。電話に出なかったら、あなたの友人や仕事上の関係者に、あなたの恥ずかしい姿をさらした動画を一斉送信しますよ」

 間を空けずにスマホの呼び出し音が響き、「動画や写真をバラ撒かれたくなかったら20万円払え! 買い取らなければ……」と告げられる――。

 これは、昨年末に実際に起こった事例だ。犯人はありもしない話で脅したわけではない。遠隔操作できる不正アプリを使いアドレスや動画データを抜き取っていた。4月に捕まったものの、こうした事件が1件判明したということは、被害が幾多も起きていることを容易に想像させる。

◆5分ごとに督促の文章が表示される

高橋昌也氏

高橋昌也氏

 セキュリティソフトの大手・トレンドマイクロの高橋昌也氏は次のように語る。

「スマホやタブレットを狙った被害は、ここ2、3年で急増中。昨年1月に確認された不正アプリ数が42万5000種類でしたが、今現在で200万以上はある」

 不正アプリは、ほとんどがAndroid向け。中でも正規マーケットであるGooglePlay以外で配布される「野良アプリ」と呼ばれるものが多くを占める。一般的なスマホの使い方をしていれば、野良アプリが必要になることはない。だが、犯罪者は巧妙な手口で野良アプリのダウンロードへと向かわせる。典型的なのがアダルトサイトを偽り、動画閲覧には再生アプリが必要だと誘導するものだという。

「再生アプリをインストールしたつもりでいると、コンテンツ料金の振り込みを督促する請求画面が5分ごとに表示されるアプリが流行りました。入金の督促画面に自分の電話番号が表示されて、パソコンよりリアルなんです。やばい、相手は自分のことを知っている、と思い込んでしまうのです」

⇒【次回】『個人情報を盗む、不正アプリの巧妙な手口とは?』に続く http://nikkan-spa.jp/651986

【高橋昌也氏】
スマホ向けセキュリティソフトにも力を入れるトレンドマイクロ。そのシニアスペシャリストとして、不正ソフトやアプリ分析する

― スマホの危ないセキュリティ事情最前線【1】 ―

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中