ダイハツ・タントが販売台数トップになれたのはなぜ?

軽自動車(軽四輪自動車)とは、道路運送車両法施行規則で全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、排気量660cc以下、定員4名以下、貨物積載量350kg以下の車両を指し、これらを1つでも超えると普通車になってしまうのです。そんな制約のなかで切磋琢磨してきた結果、誕生した食パン王タント(勝手に命名)が、ついに天下を取りました!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=656209

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆“走る食パン”ダイハツ・タントが販売台数トップになれたのはなぜ?

タント 食パン天下を制す! ダイハツ・タントが4月の国内販売ランキングでトップに立った!

 昨年度1年間のランキングでは、アクアとプリウスのトヨタ・ハイブリッド連合がワン・ツーを決め、普通車の意地を見せたが、4月はついに力尽き軽の軍門に下った。個人的にはアクアのオーナーなので、王道たるロールパン型自動車が、新興食パン型軽自動車に敗れたのは非常に悔しい。いったいなぜ、タントがトップに立ったのか!?

 自動車販売の事情通・遠藤徹氏によると、「アクアやプリウスは、消費増税前の駆け込み需要の反動がモロに出ました。しかしタントは昨年10月の発表以来絶好調で、ここ5か月、軽自動車の販売ラキング首位を走り、納車3か月待ちの状態。その受注残の大きさが勝負を決めましたね」とのことである。

タント

タントは120万3429円(税込み)~。通常の軽だとターボ車の比率は2割くらいだが、タントは約45%と異例の高さだという。カネに糸目をつけない層が、かなり流れ込んでいるようです

 SPA!読者諸君は軽自動車に無知だろうから解説すると、タントという車名は「たんと積む」というところから来ている。10年前、初代タントが登場した時は、その走る食パンのようなルックスに絶望的な気分になったが、子育てママを中心に大きな支持を受け、徐々にシェアを拡大してきた。

 ’11年末にホンダが同カテゴリーのN-BOXを発売して大ヒットさせると、昨年はスズキもスペーシアをリリースして追撃。本家たるタントは3代目に進化して巻き返しを図った。今年は日産/三菱連合がデイズルークス/ekスペースで追い打ちをかけ、ついには食パン型が軽自動車の主流にまで成長し、天下を取ったという寸法だ。

 食パン型軽は、とにかく室内が広い。全高は175cm前後。女性がシートに座ると天井に手が届かないほどの摩天楼だ。そしてひたすら真四角。後席は足元が広すぎて恐怖を感じる。クラウンはもとより、ベンツSクラスよりも広い。こんなもんが税金バカ安で買えるんだから、見栄を捨てればこれしかなかろう。

 そんななか、タントがライバルのN-BOXを再逆転した理由は、左側ピラーレスのミラクルオープンドア&両側スライドドアにある。これはライバルにはないタントだけの機能で、とにかく乗り降りがメッチャ楽。子育てから介護まで、ゆりかごから墓場までおまかせできる、高齢化社会ニッポンの理想的なトランスポーターなのだ。

⇒【後編】「 【急坂アクセルベタ踏み対決】タントvsアクアの勝者はどっち?」に続く http://nikkan-spa.jp/655701

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中