ダイハツ・タントが販売台数トップになれたのはなぜ?

軽自動車(軽四輪自動車)とは、道路運送車両法施行規則で全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、排気量660cc以下、定員4名以下、貨物積載量350kg以下の車両を指し、これらを1つでも超えると普通車になってしまうのです。そんな制約のなかで切磋琢磨してきた結果、誕生した食パン王タント(勝手に命名)が、ついに天下を取りました!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=656209

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆“走る食パン”ダイハツ・タントが販売台数トップになれたのはなぜ?

タント 食パン天下を制す! ダイハツ・タントが4月の国内販売ランキングでトップに立った!

 昨年度1年間のランキングでは、アクアとプリウスのトヨタ・ハイブリッド連合がワン・ツーを決め、普通車の意地を見せたが、4月はついに力尽き軽の軍門に下った。個人的にはアクアのオーナーなので、王道たるロールパン型自動車が、新興食パン型軽自動車に敗れたのは非常に悔しい。いったいなぜ、タントがトップに立ったのか!?

 自動車販売の事情通・遠藤徹氏によると、「アクアやプリウスは、消費増税前の駆け込み需要の反動がモロに出ました。しかしタントは昨年10月の発表以来絶好調で、ここ5か月、軽自動車の販売ラキング首位を走り、納車3か月待ちの状態。その受注残の大きさが勝負を決めましたね」とのことである。

タント

タントは120万3429円(税込み)~。通常の軽だとターボ車の比率は2割くらいだが、タントは約45%と異例の高さだという。カネに糸目をつけない層が、かなり流れ込んでいるようです

 SPA!読者諸君は軽自動車に無知だろうから解説すると、タントという車名は「たんと積む」というところから来ている。10年前、初代タントが登場した時は、その走る食パンのようなルックスに絶望的な気分になったが、子育てママを中心に大きな支持を受け、徐々にシェアを拡大してきた。

 ’11年末にホンダが同カテゴリーのN-BOXを発売して大ヒットさせると、昨年はスズキもスペーシアをリリースして追撃。本家たるタントは3代目に進化して巻き返しを図った。今年は日産/三菱連合がデイズルークス/ekスペースで追い打ちをかけ、ついには食パン型が軽自動車の主流にまで成長し、天下を取ったという寸法だ。

 食パン型軽は、とにかく室内が広い。全高は175cm前後。女性がシートに座ると天井に手が届かないほどの摩天楼だ。そしてひたすら真四角。後席は足元が広すぎて恐怖を感じる。クラウンはもとより、ベンツSクラスよりも広い。こんなもんが税金バカ安で買えるんだから、見栄を捨てればこれしかなかろう。

 そんななか、タントがライバルのN-BOXを再逆転した理由は、左側ピラーレスのミラクルオープンドア&両側スライドドアにある。これはライバルにはないタントだけの機能で、とにかく乗り降りがメッチャ楽。子育てから介護まで、ゆりかごから墓場までおまかせできる、高齢化社会ニッポンの理想的なトランスポーターなのだ。

⇒【後編】「 【急坂アクセルベタ踏み対決】タントvsアクアの勝者はどっち?」に続く http://nikkan-spa.jp/655701

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中