2台持ちの新たなスタンダードは「スマホ+タブレット」

スマホのヘビーユーザーにとって「2台持ち」は一種の常識。だが、メリットがいまいちわからん……という人のために最新事情を解説!

◆小型タブレットの普及によって「2台持ち」の意義にも変化が!

2台持ち もともと「2台持ち」とは、ガラケーからスマホに移行する中で、メイン端末をスマホにすると電池がもたなくなる……というリスクを回避するために編み出された手法。通話用のガラケーを確保しつつ、データ通信用のスマホを持つのが、当時は理に適ったスタイルだったのだ。スマホの電池の持ちが飛躍的に向上している昨今、もはや2台持ちは過去のものになりつつあるのか……と思いきや、新たなスタンダードになりつつあるのが「スマホ」+「タブレット」だ。

「その立役者が、コンパクトな7~8インチのタブレット。スマホでネットを見るのは画面が狭くてツラいけど、毎日のように10インチタブレットを持ち歩くのは面倒……そんなニーズにハマって、今季に入って2台持ちする人が増えています」(モバイル評論家・法林岳之氏。以下同)

 7~8インチタブといえば、iPad miniかNexus7の二択……という印象があるが、法林氏が推すのはどちらでもない。

「この半年で急増しているのがWindowsの7~8インチ。機種によりますが、Officeが標準で入っているのは大きい。Wordの校正機能が使えたり、エクセルのマクロが動いたりするのは純正アプリならでは。携帯用キーボードを組み合わせれば、ノートPCに迫る使い勝手に。しかも値段は5万円程度ですからね」

 一方で、Androidタブレットにもこんなアドバンテージが。

「タブレットが音声通話に対応していると、万一スマホの電池が切れても、SIMを差し替えればスマホにかかってきた電話をタブレットで受けられる(SIMフリー端末であることが前提)。営業マンなど電池切れが命取りになる人にとっては心強い存在ですが、WindowsではOS自体に音声通話機能が載っていない。Androidでも対応端末は限られるので、選択肢はおのずと定まります」

⇒【後編】『通信プラン次第では1台持ちより安い』に続く
http://nikkan-spa.jp/655806


★スマホと組み合わせたいオススメ・タブレット選びのポイント!

(1)7~8インチ
(2)SIMフリー
(3)音声通話機能つき
(4)Windowsタブレット

<Dell Venue 8 Pro タブレット>
ノートPC代わりに使うならWindowsタブレット一択。現状、まだ選択肢の少ない「SIMフリーのWindowsタブレット」。付属のキーボード(3980円)を組み合わせればノートPC並みの使い勝手が手に入る。

<ASUS Fonepad 7>
MVNO回線でおトクに運用できるSIMフリー。「SH-06F」同様、音声通話に対応している数少ない7インチタブレット。この大きさなら、ぎりぎり手に持って通話もできる。

<AQUOS PAD SH-06F>
ドコモ夏モデル。2台持ちでもかさばらない新書サイズのファブレット。au春モデル「SHT22」の姉妹機だが、同機にはない「音声通話」に対応している点が大きい。ドコモ端末なのでSIMロックが外せるのも◎。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=655808

― [スマホ&タブレット]2台持ち最強プランを考える【1】 ―

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中