長友佑都「今の自分には“余裕”と“自信”がある」

長友佑都 所属していた大学のサッカー部ではベンチに入ることもできず、スタンドで太鼓を叩きながら声を嗄らせていた男が、わずか数年後にセリエAの名門クラブでキャプテンマークをつけて躍動する。

 そんな夢物語のようなことが実際に起きた。

 周囲の想像をはるかに超えるスピードで進化を続ける希代のサイドバック・長友佑都はブラジルでどんなサプライズを我々に見せてくれるのだろうか。

――かねてから支えてくれている人たちのため、そして日本代表を応援しているファンのために、W杯で恩返しがしたいとおっしゃっていましたね。

長友:そうですね。そのチャンスがようやく来ました。4年前、南アフリカW杯でパラグアイに敗れてから、ずっとこの大会を目標にしてきました。そのためにイタリアへ渡ることを決心しましたし、日々の苦しいトレーニングを積み重ねてきました。大きな怪我をしたりと、心が折れそうなときはありましたが、W杯で活躍するために、ずっと強い信念をもってプライベートを含めて、自分のすべてを捧げてきた。これほどひとつのことに集中してやってきたことは今までありません。僕が今あるのもすべて周りの支えがあってこそ。その人たちのためにブラジルから明るいニュースを届けたいですね。

――W杯のために4年間戦ってきたとのことですが、改めてこの4年間で成長できた点はなんでしょう?

長友:一番はやはりメンタル的な部分ですね。長い歴史を持つインテルでプレーして3年半が経ちましたが、勝利を義務付けられているチームのなかでプレーしたことで、以前とは比べ物にならないくらいに精神的に強くなりました。それにメンタルの成長とともに、技術的な面でもすごく成長したなと思いますね。特にこの1年間は、“伸び幅”でいえば、サッカー人生のなかでも最も成長でしたシーズンだったと思います。W杯を控えた大事なシーズンで、心身ともに充実感を得られたのは、自分にとって本当に自信になっていますし、W杯に自信を持って臨めると思っています。早くW杯が始まってほしい――。そう思えるほど、今の自分には“余裕”と“自信”があります。

※現在発売中の『週刊SPA!』6/10発売号の「エッジな人々」では、長友佑都選手のさらなるロングインタビューを掲載中!!

<取材・文/藤戸輿ノ介 撮影/杉田祐一(bghe)>

週刊SPA!6/17号(6/10発売)

表紙の人/長友佑都

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中