W杯開幕直前なのに、スタジアムはまだ工事中だった【リオ・マラカナン最新事情】

 いよいよ目前に迫ったブラジルW杯。6月12日から1か月に渡って計64試合の熱戦の火蓋が切り落とされる。SPA!記者もその熱気を体感すべくブラジル入りしました。

「デモだ」「強盗だらけ」など、日本ではまるで「修羅の国」のように報道されているブラジルだが、少なくともリオデジャネイロはいたって平穏。ビッグなイベントそして、ブラジル代表の開幕試合を3日後に控えているのに、町は浮かれた様子はあまりない。

 タクシーの運転手も「月曜の仕事はかったるいね~」などと笑いながらハンドルを握っていた。

 記者はコパカバーナの安宿にチェックインするやいなや、決勝の舞台となるサッカーの聖地「マラカンナンスタジアム」に向かった。地下鉄でおよそ30分、地下鉄は突如として地上に出ると、すぐに最寄りの「Maracanan」駅だ。「つ~ぎの駅わぁ―――、マラカナ~~~ン!!」というブラジルサッカー特有の絶叫調のアナウンスが響くと、ブラジル人の乗客はニヤニヤ。聞けばW杯を意識してか、最近突如としてこのハイテンションバージョンに変わったのだというが、あまり評判は芳しくないようだ……。

リオ・マラカナン

奥にマラカナンを臨む。ゴミ袋かかってますけど

 駅に到着、すると異様に埃っぽい感じが……。改札口に出るとその理由はすぐに分かった。サッカーを模した壁画を職人たちが作っているのだが、明らかに建設途中である。「間に合うの?」と職人さんに問うと「間に合うわけないじゃん!」と一蹴。「じゃぁ、いつできる?」「わかんねーな!ガハハハ!」とにべもない。駅舎を見れば、あちこちが絶賛工事中なのであった。マラカナンでの初戦は現地時間の6月15日。「土壇場での化粧が得意」と言われるブラジル人をもってしても、間に合わないだろう。

 改札をすぎると巨大なスタジアムが目に飛び込んできた。これがサッカーの聖地・マラカナン・スタジアム。スタジアムは完璧なのだろうが、良く見ると周辺の階段などは、単管がむき出しになっているなど、これまたお粗末な状況に……。

 以下はフォトレポートです。

●「間に合わねーよ」とにべもない職人

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658202

リオ・マラカナン

「間に合わねーよ」とにべもない職人

●コンコースも足場がほったらかし

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658203

リオ・マラカナン

コンコースも足場がほったらかし

●「ごめんね~!」悪びれた様子もなく駅入口から単管担いだ職人さんが突如登場

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658204

リオ・マラカナン

「ごめんね~!」駅入口から単管担いだ職人さんが突如登場

●駅舎の背後に臨むのはサンバの聖地でもあるマンゲイラのファベーラ(スラム街)。もうもうとした煙は!?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658205

リオ・マラカナン

駅舎の背後に臨むのはサンバの聖地でもあるマンゲイラのファベーラ(スラム街)

●メインゲートは準備万端か?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658206

リオ・マラカナン

メインゲートは準備万端か?

●見学者もちらほら

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658207

リオ・マラカナン

見学者もちらほら

●マスコットのフレコがお出迎え

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658208

リオ・マラカナン

マスコットのフレコがお出迎え

●横断歩道もサッカーボール模様に

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658209

リオ・マラカナン

横断歩道もサッカーボール模様に

●マラドーナ?も登場

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658210

リオ・マラカナン

マラドーナ?も登場

●屈強な軍警察もスタンバイOK?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658211

リオ・マラカナン

屈強な軍警察もスタンバイOK?

●メイン通路脇に作られた仮設の階段

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658212

リオ・マラカナン

メイン通路脇に作られた仮設の階段

●スタジアム裏、線路脇はグラフティで一杯

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658213

リオ・マラカナン

スタジアム裏、線路脇はグラフティで一杯

●付け焼刃的に路面を直す職人さん(手前)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=658214

リオ・マラカナン

付け焼刃的に路面を直す職人さん(手前)

 6月末まで日本戦の開催都市情報などを中心に、SPA!記者が現地ナマ情報をお届けします!

<取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中