フェラーリとパッソで走ること500km。燃費は3倍も違わなかった?

世界で初めてガソリン自動車を作ったのはドイツ人技術者のカール・フリードリッヒ・ベンツ(1886年特許取得)。メルセデス・ベンツの礎を築いた御仁です。それから100年以上経ちますが、いまだに世界の自動車の主流はガソリンエンジン車であります。そんなガソリンエンジンを搭載する“究極の2台”を乗り比べてみました!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

パッソ

遅いのは確かですが相手がフェラーリなんで。間違いなくタントよりは速かったです! 音も静かだし快適性と癒し性は抜群。水色のボディも日本海沿いの笹川流れの美しい風景に映えました

◆姿形は異なれど目指したのは究極!ガソリンエンジンの両極に困惑しました

⇒【前編】『フェラーリvsトヨタ・パッソ。“究極エンジン”異種格闘技対決』

 フェラーリでゆっくり走るのに疲れ、パッソに乗り換えた瞬間、経験したことのない安堵感が! このフニャフニャでダルダルなフィーリングは、戦場から帰還して愛妻のフトモモに顔をうずめたような癒され感! アクセルなんざ、5㎝踏み込んだってほとんど反応しない。グイッと床まで踏みつけても、「あ、加速したな」と気付くのに5秒かかるくらいトロイ。池之平カメラマンが思わずつぶやいた。

「これってパッソじゃなくてパッソルじゃ?」

フェラーリ

フェラーリとその他のクルマの対決は数あれど、相手がパッソというのはこれが初めてでしょう。

 確かにこれは原チャリに近い。原チャリって、加速するときはだいたいアクセル全部回すでしょ? うーん、トヨタの究極のガソリンエンジンってこんななのか……。

 対するフェラーリは、アクセル1mmでウィリーするGPマシン。フツーに乗るにはやや不向きです。さすが究極のガソリンエンジンの両極。フィーリングも両極端でした。

 このようにして、500km走って出た燃費がこれ。

 パッソ……リッター16.7km
 フェラーリ……リッター6.4km


 フィーリングが天と地ほども違って、燃費が3倍も違わないことに、微妙な違和感を覚えました。パッソはもっとゆっくり走ればリッター20km超えると思うけど、エンジンが非力すぎて、“時速100km+α”では、低燃費を実現するエコモードから外れてしまうんだよね。

 この究極のガソリンエンジンを積んだパッソ、日本の普段のゲタとしてはいい。しかしそれ以上のものではないだろう。欧米のダウンサイジングターボ車、たとえばフォード・フィエスタの1000ccターボに比べても、あまりにも遅い。

 これで世界という戦場で戦うのは、厳しいのではないでしょうか? トヨタ様の奮起を待つ!

【結論】
トヨタが本気を出し始めた! というと、どんだけ凄いんだと身構えますが、実感としては「こんなに遅いんだ…」でした。今回は比較対象がマズかったと思いますが、もう少し燃費とパワーを両立させてくださいませ

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中