夫に借金を背負わせて離婚【怖すぎる妻たちの復讐】

 職場、恋愛・不倫、ママ友仲間、風俗業界……。真っ向からは果たせぬ恨みつらみに女たちが仕掛ける復習。その中身を開いてみたら……スゴすぎた! なかでも既婚者にとってもっとも恐ろしいのは、妻による復讐かもしれない。彼女たちが証言する。

妻たちの復讐が怖すぎる「夫婦喧嘩したとき、旦那の食事に賞味期限が切れた食品を入れている」(37歳・主婦)

「ママ友と夫のキス現場を目撃。怒りと悔しさで、夫のお気に入りのスリッパを生ごみと一緒に捨てた」(39歳・事務)

 このくらいならまだ可愛らしいが、夫の罪の度合いに応じて復讐も壮絶さを増していく。

「浮気した夫に借金を背負わせて離婚しました。以前から計画して夫名義の借り入ればかりつくっていたんです」(35歳・マスコミ)

「夫と不倫相手の密会場所を探り、二人が会っている最中に相手女性になりすまして、『膣けいれんになった』と救急車を呼びつけてやった」(28歳・主婦)

「同い年の友人女性が既婚者と浮気。そしたら、相手の奥さんから三者面談に呼び出されたそうです。しかも、場所は友人の勤務先が目の前のスタバ。恥をかかせるのが狙いだったのか、会社の人が多数いる可能性の高い店内で、『あんた、何したかわかってんの!?』、『人の家庭をぶち壊しやがって!』と散々に罵られたとか。幸いにも知り合いはいなかったようですが、これを境に、『もう二度と浮気はしない!』と心に誓ったと話していました」(33歳・事務)

※現在発売中の『週刊SPA!』6/24発売号では、「げに恐ろしき[オンナの復讐]の世界」を特集中。男も女も、こんな復讐が身に降りかかってきたら身の毛がよだつ!?

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!7/1・8号(6/24発売)

表紙の人/きゃりーぱみゅぱみゅ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中