スバル渾身の「レヴォーグ」は欧州車に勝てるか?

世界のガソリンエンジン技術の主流であるダウンサイジング直噴ターボ。独メーカーを中心に、同分野で先行する欧州勢に対抗すべく、ついに日本の零戦(?)“レヴォーグ”が完成! そんなレヴォーグに、我々は“レガシィの後継車”としてではなく、国産初の本格的ダウンサイジング直噴ターボ車として注目。本場のそれと対決させてみました

レヴォーグ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=665928

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
佐藤靖彦=撮影 Photographs by Yasuhiko Satou

◆スバル渾身の“零戦エンジン”搭載 レヴォーグは欧州車に勝てる?

 このところ当コラムで連続してお送りしている、「これでいいのか国産車のガソリンエンジン技術」シリーズだが、第3回の今回は、ついに真打の登場だ。

 技術のスバルが開発した、国産初の本格的なダウンサイジング直噴ターボエンジンである。

 排気量は1600cc。ダウンサイジング直噴ターボとしては大きめで、ややパワー志向のクラスだ。搭載されたのは、レガシィ・ツーリングワゴンの国内後継モデル、スバル・レヴォーグである。

 かつてターボは「パワーは出るが燃費が極悪」と言われたが、ダウンサイジング直噴ターボは、その両立を可能にした新技術。エンジン排気量を小さくして、そこに超高効率・超ハイレスポンスの小型タービンを組み合わせ、実用域での加速と燃費をともに向上させる、奇跡のようなテクノロジーだ。レヴォーグも、従来の2500ccエンジン並のパワーと、1600cc並みの燃費を実現したという(1.6リッターモデル)。これは日本自動車産業にとって、非常に明るいニュースである。

レヴォーグ なぜスバルが、国産勢の先陣を切って開発に成功したのか? それは、スバルがターボ技術を捨てずに、大事に育ててきたからだ。トヨタやホンダは、ターボなど時代遅れだとばかりに、長年開発から遠ざかっている。一方スバルには、独自の技術で勝負する風土がある。ターボを捨てなかったスバルの勝利である。

 ただし、本当に勝利かどうかは、ライバルと比較してみなければわからない。そこで我々は、ダウンサイジング直噴ターボで先行するヨーロッパ勢との直接対決を試みた。

 相手は、同じく1600ccターボを積むボルボV40。スペック的にはレヴォーグに極めて近く、価格も大差ない。比較対象として最適な1台だ。対決項目は2つ。信号からのダッシュ力と燃費である。パワーと燃費がダウンサイジングターボのウリだから、この2つで勝負は決まる。

 まずは赤信号で横に並び、青信号とともにアクセル全開! 制限速度までフル加速を試みた。最高出力はレヴォーグが170馬力、V40が180馬力。いい勝負になるはずだ。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/664649

【レヴォーグ】
レギュラー仕様の1.6リッターモデル(170馬力、266万7600円~)とハイオク仕様の2リッターモデル(300馬力、334万8000円~)。MTの設定がないのが非常に残念です。ボルボV40は297万2571円~

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中