グラドル原田真緒ちゃん「私、グソクが大好きで…」

 オタクの聖地・秋葉原で、アイドルが店員を勤めるアパレルショップがあるという。なぜアイドルが店員を? いったいなぜ秋葉原に? 「会えるアイドル」を地でいくこのアパレルショップで働く“はらだん”こと原田真緒ちゃんに直撃!

――なぜアイドルが店員として働いているんですか?

原田真緒

自らプロデュースしたグソクTシャツを持つ原田真緒ちゃん(右)と、この日一緒に働いていたグラドル七瀬優菜ちゃん(左)

はらだん:アパレルショップ経営のカバラと、タレントプロダクションのパイク・プランニングがタッグを組んだメンズセレクトショップ「セフィロティック・ツリー」で、所属するアイドルが男性の服装をコーディネートしたら素敵なんじゃないかなということがきっかけです。「秋葉原をオシャレにしよう」という大きなテーマでやっています! 今では他の事務所ともタッグを組んでいるので、毎日1~2人のアイドルがショップ店員として働いていますよ。

――はらだんがプロデュースした服も売っているとか?

はらだん:そうなんです! 私、グソクが大好きで……。

――ぐ、グソク?

はらだん:はい! 鳥羽水族館のダイオウグソクムシが5年以上絶食していたというニュースを見て、「何でなんだろう?」というミステリアスな部分に惹かれたんです。48時間生中継していたニコ生を見て、とても愛くるしいと思って。かじりついて何十時間も見ていたんですけど、なかなか動かないんですよね。でも、だから動いたときの喜びもひとしおで(笑)。目は3500個の複眼でできているので、大きくて可愛いのもポイントですね。

――ちょっとグロいとかとは思わないですか?

はらだん:内側がグロいって言われるんですけど、動いたときにしか見えないんですね。本来は見えないものが見えたレア感がありますね。貴重なものが見えたって興奮します(笑)。

――それで、ダイオウグソクムシのシャツをプロデュースしたと?

はらだん:「何か、はらだんがデザインを出してみない?」って言われたときに、最初に思い浮かんだのが、グソクだったんです。普段使いできるようなオシャレな服で、グソク愛もあるシャツをつくりたいなと。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=666228

――お店に来ると、アイドルが服装をコーディネートしてくれるんですよね。はらだんは、男性にはどんな服を着てほしいですか?

はらだん:白のTシャツに薄ピンクのシャツを羽織って、青いデニムのハーフパンツと合わせると、涼しげで爽やかでよさそうですね! 薄ピンクって嫌がる人も多いと思うんですけど、けっこう似合う男性が多いんですよね。バリエーションの一つとして持ってほしいですね。

――実際に働いてみて、どうですか?

はらだん:ファンの皆さんと接するイベントはたくさんあるんですけど、こんなに距離が近く話せることはあんまりないので、すごく楽しいですね。実際、選んだ服を気に入ってくれて、イベントに着てきてくれたりもするとすごく嬉しいですね!

 ダイオウグソクムシのシャツは売れ行き好調のようで、一部サイズでは完売するほどの日もあるとか。この夏はアイドルがコーディネートしてくれた服を着てみるのもよさそう!

【原田真緒ちゃんプロフィール】
愛媛県松山市出身のグラビアアイドル。1988年8月5日生まれ、25歳。パイク・プランニング所属。ファンからは“はらだん”の愛称で親しまれ、愛媛県出身であることからEカップのバストは「いよかんおっぱい」と呼ばれている。
現在、深夜トークバラエティ番組「真夜中のおバカ騒ぎ!」(TOKYO MX、千葉テレビ)出演中。3作目となるDVD『恋衣-こいごろも-』が発売中!
ブログ:「はらだん@ちゃんねる」(http://ameblo.jp/haradan0805/)
ツイッター:@Harada_Mao

【七瀬優菜ちゃんプロフィール】
高校2年生17歳のグラビアアイドル。5月31日に2ndDVD『ボクの太陽』(スパイズ・ビジュアル)が発売中!
ブログ:「七瀬優菜のいちごDairy」(http://ameblo.jp/nanase-yuna/)
ツイッター:@nanase_yuna

【アパレルショップ「セフィロティック・ツリー」】
東京都千代田区外神田3-8-15 1F
(秋葉原駅から歩いて8分、末広町から歩いて1分)

<取材・文/横山 薫 撮影/三輪憲亮>

原田真緒 恋衣-こいごろも-

たくさんのドキドキを詰め込んでくれた期待の最新作!!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中