小林可夢偉 F1日本GP直前インタビュー【後編】

唯一のF1日本代表が2度目の母国GPに挑む!
オーバーテイクキング可夢偉の[鈴鹿決意表明]!


◆あの素晴らしいオーバーテイクショーをもう一度!

ヘアピンで炎の5回抜き! 去年の鈴鹿F1は、可夢偉のオーバーテイクショーで最高に盛り上がった! 今年も間もなく、日本のF1ファンの期待を一身に背負う可夢偉が鈴鹿に帰ってくる! イタリアGPが行われたモンツァで“オーバーテイクキング”に話を聞いた。(⇒前編はこちら

可夢偉の今季成績――ちなみに今、エンジン(1シーズン8機まで)は何機目?

可夢偉 「6機目です」

――鈴鹿ではもちろんニューエンジン投入?

可夢偉 「そうですね」

――じゃあ、アップデートとおニューのエンジンで鈴鹿に挑む。

可夢偉 「まあ、ニューエンジンはほかのところも入れるかもしれないので、なんとも言えない」

――鈴鹿F1は雨にたたられることが多いけど、晴れと雨、ザウバーのクルマの特性上どっちがいい?

可夢偉 「うーん、どっちでも大丈夫だと思うですけど。中途半端が一番困るかなってくらいで。どっちかにしてくれたらいい」

――「可夢偉応援席」7000席が完売しました。ヘアピンのI席(去年は席がなかった!)なんて、先行発売で即完売。どうしましょう?

可夢偉 「レースは『どうしましょうか』ってできるもんではないんで、いつも通りやるだけ。

――ヘアピンにはオーバーテイクを期待するファンが集結します。

可夢偉 「でも実際自分のレースをしないといけないんで。それに、期待に応えようとしてぶつかったら、それはそれでもっと残念じゃないですか。だからそういうノリには僕は引っかからない」

――今年は新たにDRS(オーバーテイク・ウイング装置)が採用されて追い抜きが劇的に増えましたが、抜きにくい相手は?

可夢偉 「あんまりいないですね」

――シューマッハ(メルセデス)やバリチェロ(ウイリアムズ)は?

可夢偉 「守り方がいやらしくてうまいっていうくらい。まあ、常にオーバーテイクは難しいことは難しいので、誰々がということをあまり意識しないようにしてる」

――ずばり、オーバーテイクの秘訣は?

可夢偉 「ブレーキを遅らさないといけないでしょう。あと、迷わない」

――鈴鹿での具体的な目標は?

可夢偉 「ポイントを取ること(10位以内)と、できれば去年(7位)よりいいところでゴールしたいけど、そんな簡単なことじゃないし、逆に去年より厳しいかもしれないので、今度のアップデートがうまくハマるようにしないといけない」

――2度目の母国GPに対する思いは?

可夢偉 「今年はバーニー・エクレストン(F1興行の代表)が3000人もの被災者を鈴鹿に招待してくれるので、僕は南相馬の少女合唱団を招待して、被災地の子供たちの歌(決勝前の国歌斉唱)を世界に届けます。だから、なにか勇気を与えられるレースをしたい。あとは自分の力を発揮できるように、楽しく自由にやりたいなと思ってます」

――でも、周りがそうさせてくれないでしょう。

可夢偉 「でも、しますよ!」

小林可夢偉

被災者の皆さんに勇気を与えるレースを!

――最後に改めて鈴鹿の決意表明を。

可夢偉 「去年の鈴鹿がよすぎたんで、今年は難しいんですけど、今年は今年らしく、あれから1年さらに経験積んだことだし、鈴鹿に標準を合わせたアップデートがあるので、それなりに自信を持って戦わないといけない。最終的には、自分自身が楽しくレースすることが一番の目標かな」

――去年は楽しくなかった?

可夢偉 「去年はミスをしないことのほうが大事だったんで、今年は楽しく!」

――願わくは、去年のオーバーテイクショーの再現を期待してます!

可夢偉 「はい、頑張ります!」

取材・文/コンコルド足立 写真/Sauber Motorsport AG MOBILITYLAND

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中