「バイアグラは心臓に悪い」はウソ?ホント?

我々が普段、何げなく受け止めてきた健康情報にミスリードやウソ、誤解が含まれている確率は決して低くはないという。巷にあふれる「健康情報のカラクリ」をSPA!取材班が追った。

◆バイアグラ=心臓に負担は、医学的に大間違い!

竹森健氏

竹森健氏

 ご存じのとおり、バイアグラといえば全世界でもっとも知名度の高い勃起不全(ED)治療薬である。’98年1月にアメリカで発売されると、“夢の薬”として瞬く間に話題となり、日本には’99年3月に上陸。EDで悩む多くの男性を支えてきた。だが、「いまだにバイアグラに悪いイメージを持っている人は多い」とは、渋谷三丁目クリニックの副院長を務める竹森健氏だ。

「バイアグラがはやり始めたときに、服用して性行為に臨んだ人が心臓発作で亡くなる事故が報告されたことなどが原因だと思いますが、“バイアグラ=心臓に悪い”と勘違いをされている方は今もいらっしゃいます。むしろバイアグラは、心不全の治療薬とした開発された経緯があり、血管を広げて血の巡りをよくする効果があるので、心臓にはいいんですよ」

 では、なぜ男性は心臓発作で亡くなったのか。竹森氏は「もともと心臓の弱かった男性が、性行為に耐えられるほど健康でなかったことが原因でしょう」と指摘する。

「性行為は激しい運動と同様、心臓に負担をかけるため、発作を起こす可能性は十分に考えられます」

 また「性欲旺盛=EDとは無縁」もよくある勘違いだという。

「性欲旺盛な人でも動脈硬化の疑いがある人はEDになりますし、食べすぎによる肥満が原因でEDとなることもあります。EDになる可能性は誰しもあるのです」

 日本にはED患者は1000万人以上いるといわれている。

【竹森健氏】
渋谷三丁目クリニック副院長。医師やスタッフはすべて男性で、気兼ねなく相談可能(http://www.shibuya3clinic4men.com/

― [健康情報のカラクリ]を暴く【3】 ―

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中