日本初!「プロゲーマー」という仕事 【梅原大吾インタビュー】

今やゲームはプロのプレイを見る時代に? トッププレイヤーたちが腕を競うゲーム大会のネット中継を、さながらプロ野球やプロレスを観戦するように楽しむ人々が増えている。そんななか、日本にも「プロゲーマー」が登場。そのトップに君臨する男・梅原大吾氏に話を聞いた!

梅原大吾氏

梅原大吾氏

――そもそも、プロゲーマーにはどうやったらなれるんでしょう?

梅原 :基本的には名乗ったモン勝ちなんですが、ゲームをすることによって収入を得ているのがプロ。世界各地で行われるゲーム大会で賞金や出演料を稼ぎ、そこで実績を認めてくれた企業とスポンサー契約を結ぶんです。僕の場合は昨年、アメリカの周辺機器メーカー「Madcatz」とスポンサー契約を結んだことで、プロを名乗るようになりました。

――主な活動内容は?

梅原 :国内外の格闘ゲーム大会に出場しています。といっても国内の大会はまだ数が限られているので、主に戦場は海外。メインは米国で、ほかにも仏、英、オーストラリア、台湾の大会に出場しました。昨年は11回ほど海外遠征したかな。組み手イベントでクウェートにも行きましたし、韓国や中国、タイからもオファーがあります。

――本当に世界中ですね!

梅原 :米国なんて、夏場は大小含めると毎日どこかで大会があるほど、ゲームが盛んなんです。世界最大の格闘ゲーム大会「エヴォリューションチャンピオンシップシリーズ」(通称Evo)ともなれば、ホテルの大広間に観客が5000人くらい集まって、舞台から出口が見えないくらい(笑)。

――ちなみに賞金はいかほど?

梅原 :Evoの優勝賞金額は1万8000ドルくらい。これは世界最高額でしょうね(ちなみに梅原氏も『ストリートファイター』シリーズなどで何度か優勝している)。

 さすが米国はエンターテインメント大国だけあって、賞金もケタ違い! もっともメジャーであるFPS(一人称視点のシューティングゲーム)のジャンルでは、億単位を稼ぐプレイヤーもいるとか。

⇒【後編】「日本は世界一の格闘ゲーム大国だ!」に続く
http://nikkan-spa.jp/67085

【梅原大吾氏】
81年、青森県生まれ、東京都育ち。格闘ゲームのトッププレイヤーとして世界に名を馳せる。アメリカでは「The Beast(野獣)」の愛称で恐れられるほど

取材・文/江沢 洋
― 日本初 [プロゲーマー]というお仕事【1】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中