格闘ゲーム大会がブーム 仕掛け人が人気のヒミツを語る

 この1年で、日本にもプロ格闘ゲーマーが続々と誕生した背景に、09年より始まった大会「ゴッズガーデン」の存在がある。全国各地から強豪が集い、その試合をオンラインで視聴できるのが特徴だ。今年8月の大会では、ユーストリームによる中継が同時接続数2万5000を突破。ユニーク視聴者数は45万人。宇多田ヒカルのライブ中継(34万5000人)を超えた、えらい数字である。

「最初は同時視聴者数2000で大喜びしていたんですよ(笑)。もとはテレビ番組用に考案し、結局ボツになった企画なんですが、これほどの視聴者数を達成できたのは、ニコニコ動画やユーストリームのようなネット配信があってのことですね」と話すのは、同大会主催の稲葉央明氏。

ゴッズガーデン

企業ではなくユーザーサイドが主催する大会ながら、賞金が出るのが大きな特徴。過去の賞金額は最高で50万円

 多くのファンに支持されるのは、「これまでの格闘ゲーム大会の目的は、一番強い人を決めることだったんですね。プレイヤーのための大会だったわけです。しかし、ゴッズガーデンは観客も楽しめる大会を目指しました。特に気を使ったのは、ゲーム画面を映すだけではなく、プレイヤーをクローズアップすることでした。彼らのキャラクターをきちんと見せることで、格闘ゲームに人生を懸けている人々の物語みたいなものを見せていきたかったんです。一つのゲームのブームはいずれ終わりますが、プレイヤー本人たちを知っていれば、新しいゲームでの対戦も継続して楽しんでいけるはず。また、幸い梅原大吾という柱がいるおかげで、“神殺し”のようなドラマも生まれ得るわけです」

 全国から「観客が見たい強豪」を招待するのも大会のコンセプト。おかげで、日本でも屈指のハイレベルな試合が続出する。今や視聴者には、普段ゲームをあまりしない層も増えており、まさにスポーツ観戦のように楽しまれているのだ。次回は年末に開催予定!

稲葉央明氏【稲葉央明氏】
「ゴッズガーデン」主催。放送作家として、テレビ番組の構成を多数手がける。13年公開の天野喜孝原案アニメーション映画『ZAN』の原作なども担当

取材・文/江沢 洋

― 日本初 [プロゲーマー]というお仕事【4】 ―

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中