実験!無料バスだけで都内をどこまで移動できるか?

財布を忘れて家を出ると、その日一日、どうしようもない不安に駆られるもの。しかしそんな状況下でも生き残るべく、衣食住をタダでどこまでできるかチャレンジしてみた!

◆無料バスを利用して都内をどこまで移動できるか

 毎日暮らしていて、意外とバカにならないのが交通費。しかし、都内を走る誰でも乗車可能な“無料バス”を使えば交通費をかけずに移動ができる。というわけで、距離を稼ぐ目的で循環バスを1周しない・同じ区間の重複乗車をしないというルールを決め、タダでどこまで行けるか、いざスタート!

 まずは、地下鉄竹橋駅近くの日経ビルからスタート。朝9時すぎに、無料バス「丸の内シャトル」に乗車した。乗っているのはサラリーマンやOLと思しき人たちで、座席は半分くらい埋まっている。約20分かけて、日比谷・有楽町付近をぐるりと回って新丸ビルで下車。この後は、徒歩で東京駅八重洲口まで移動して、次なる「メトロリンク日本橋」のバス停に向かう。

無料バス

15~20分ごとの運行なので待ち時間も少ない

 丸の内シャトル同様、こちらも約15分間隔で運行しているため、待ち時間もなく乗車できた。が、日本橋あたりへショッピングに向かうオバサマ方で車内はぎっしり。そのうえエアコンが効いておらず、かなり蒸し暑い。が、これもタダの宿命。我慢我慢で約20分、地下鉄京橋・宝町駅で下車し、次の目的地を「東京ベイシャトル」が走るお台場に設定した。

 問題は、お台場までタダで行く方法。お台場まで無料で運んでくれるバスなどありはしない……と諦めかけたところで発見したのが、月島から東雲のショッピングモールまでの無料送迎バス! そこで、京橋から月島まで約45分ほど歩いてバス停へ。送迎バスは1時間に1本だけなのだが、タイミングよく待ち時間なしで乗ることができた。今度はエアコンも効いてるし車内はガラガラ。快適な30分を過ごし、目的地に到着した。

 ここで時間はちょうどお昼時。バスだけタダで使うというのは気が引けたこともあり、ショッピングモールのフードコートで食事をとった。その後、再び送迎バスに乗り込んで有明テニスの森まで移動する。そこからはまたまた徒歩で約30分。東京テレポート駅からついに「東京ベイシャトル」に乗ることができた。ダイバーシティやアクアシティ、フジテレビなどお台場の名所をぐるりと回り、フジテレビ湾岸スタジオでバスを降りた。タダでお台場から出るには、ショッピングモールのバスに乗るしか手段がなく、重複乗車になってしまうため、ここでチャレンジは終了。結局1日かけて約17km無料バスで移動することができた。スタート地点の竹橋からお台場まで有料交通機関を使って直行で移動したら597円。送迎バス以外は途中下車が自由というメリットもある。それを思えば、悪くない無料バスの旅だったと言えそうだ。

<検証結果>
無料バスだけで約17km! 東京観光には意外とアリ


【START】竹橋駅
↓(1)丸の内シャトル・約30分・4km
新丸ビル
↓(徒歩)
東京駅八重洲口
↓(2)メトロリンク日本橋・約20分・3km
地下鉄京橋・宝町駅
↓(長めの徒歩)
地下鉄月島駅
↓(3)イオン東雲のバス・約15分・4km
イオン東雲
↓(4)イオン東雲のバス・約5分・2km
有明テニスの森駅
↓(徒歩)
東京テレポート駅
↓(5)東京ベイシャトル・約20分・3.8km
【GOAL】フジテレビ湾岸スタジオ

― 徹底実践 人はどこまでタダで暮らせるか?【2】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中