「ありのまま」な自分が好き!“ファッション”オーガニック女の困った生態

“ファッション”オーガニック女の困った生態 ありのままでいることを良しとし、自然派なものに走る女性は少なくない。ただ、“オーガニック”がブームを超えて一つのジャンルとして定着した昨今、「ありのままの自分」に酔っているだけの“ファッションオーガニック女”というのも存在する。雑誌などの情報でその気になり、中途半端にオーガニック生活をたしなむ人たちのことだ。

 形から入り、見た目だけオーガニック系になれれば満足だというTさんは、シワシワの服を買い集めるのに熱を入れている。

「ここ一年ほど、麻のブラウスばかり着ています。友人には『シワシワだ』とバカにされるのですが、いい素材の服を着たほうが気分が上がりますし」(23歳女性・大学院生)

 ちょっとしたことがきっかけになることもある。

「『かもめ食堂』のDVDを観たあと、妻がいきなりロングヘアをばっさり切ってマッシュルームカットにして『お金を貯めて北欧に行く』と言い始めました。それまではちょいギャルの古着系だったのに、今ではすっかり布をたくさん着こんでストールを巻いています」 (33歳男性・コピーライター)

 身につけるものだけではなく、食べ物も変化するのが「オーガニック」だ。母や妻のオーガニック志向で、振り回されている家族たちにも話を聞いた。

「妻がオーガニックに凝ってから夕飯のおかずが、野菜をすりつぶしたものばかり出るようになった。噛まなくて良いものって老人の病院食みたいだから切なくなるんだけど、機械で懸命につぶしてるのを見たらそんなこと言えない。飽きることを待つのみです」(35歳男性・アパレル勤務)

「ある日、朝食の食パンが変だった。今までは普通の食パンだったのに、嫁がオーガニックに凝り始めたようで、『青のりを練り込んだ天然酵母食パンを焼いたんだ♪』と。俺は上にママレードジャムのせるのが好きなのに……なんで青のりなんだよって思った」 (46歳男性・製造業)

「僕の妻は3年くらいずっとオーガニックに凝っていて、食事は何かと実が浮いています。スムージーやポタージュ、玄米ご飯の上にちょこんと実が乗っている。しかも無味。そして同じ実であっても、ミックスナッツはオーガニック的にはNGなようで、食べたら塩分過多と怒られる」 (40歳男性・飲食店勤務)

 話を聞いていると、「食べ物にはこだわるけれど、服の繊維にはこだわらない」、「化粧品はオーガニックにこだわるけど、それ以外は気にしていない」など、オーガニック志向と言えど、ある一つのジャンルに対してのみ。あくまでも、健康体になりたいという情熱があるわけではなく、「オーガニックである私」「練り込んだパンを作る私」が楽しいだけなのだ。人生を豊かにする趣味や習い事の一種と捉えて、生暖かく見守るよりほかなさそうである。 <取材・文/もよもよ>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中