ごくフツーのオッサンでも20代のかわいい女子と結婚できる

― こんな20代女子たちがOVER40男と結婚!! ―

ごくフツーのオッサンでも20代のかわいい女子と結婚できた!
意外なリポートをご覧あれ


【CASE 1】
・吉村美佳さん (20歳)スポーツジムスタッフ
・夫 (44歳)会社員

◆外見より内面を褒めるお父さんみたいな存在に20歳の美女が惚れた!

AKB48の“こじはる”似の吉村さんは勤務先のスポーツジムのアイドル的存在。彼女狙いの客も複数おり、男性スタッフ内でも相当の人気を博していた。「今日もかわいいね」「付き合ってよ」などの声かけは当たり前、周囲の男性は毎日吉村さんを褒めまくり&持ち上げまくる。鼻息荒く機嫌を伺っては“あわよくば”を狙う男で溢れるなか、彼女の心を射止めたのは、周囲と逆のタイプを貫く“さまぁ~ず”の大竹一樹似の中年男性だ。

「第一印象は“冷たい人”。たまに話しかけても話すのは仕事の話や事務的なことだけで『この人は私に興味ないのかな?』と思うと、もっと私に興味を持ってもらいたくなって……。気がついたらその人にだけ私から積極的に話しかけるようになっていたんです」

ガツガツ迫る男性が多いなか、44歳の男は一際目立つ存在に。

「仕事大変そうだね、大丈夫?」

「気が利くよね」と、外見を一切褒めることなく一貫して仕事ぶりや内面を褒める男。外見やスタイルを褒められ慣れている彼女にとってはその効果は抜群だった。

「この人は“私自身”をちゃんと見てくれているんだなあって、なんか嬉しくて。話を聞いてくれるお父さんみたいな存在。気がついたら自分のなかで、“なくてはならない人”に変化していました」

20代女子たちがOVER40男と結婚下心を一切見せず、女性のグチを聞きつつ時には真剣に悩み相談を引き受ける。食事を重ねるうちに自然と交際に発展。

しかしジム内で親密に語り合う様子、親しげな雰囲気から一気に「あの二人は付き合っているらしい」と噂が広まり出す。女性スタッフからも日頃の嫉妬やひがみが噴出し、「ジムの中でヤっているのを見た」「ジムを毎日ラブホ代わりにしている」など根も葉もない目撃談が蔓延。「ゆくゆくは経営を任せる」というほど経営者のお気に入りだった彼女だが、職場の気まずい空気に耐えきれず、数か月後に退社となった。

「『男に騙された』『まだ20歳なのに』といろいろ言われましたが後悔はゼロ。年は離れていても、私を理解してくれる人と巡り合えて幸せ❤周りの反応なんか知ったこっちゃありません(笑)」と語る吉村さん。妊娠をきっかけに籍を入れ、1児の母として多忙な毎日を過ごしている。

【傾向と対策】
周囲の反応や世間の常識にとらわれず、己の道を突き進むべし

― 新事実 20代女子がOVER40男と結婚したがっている!【3】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中