年の差婚を希望する20代女子の理想とは?

父娘くらい年齢の離れている彼氏にメロメロの20代。彼女たちから見た、Over40の魅力を聞いてみた

◆見た目“父と娘”でも真剣恋愛!その内容とは!?

年の差婚 理想 驚いたことに、52歳とお付き合いをしている25歳の女性を発見。大学職員の瑞穂さん(仮名)に、「もはやお父さんでしょう!」と周囲から何度も受けてきたであろうツッコミを入れると、瑞穂さんはキョトンとした顔でこう言い放った。

「えー? 私には30代後半の男性も若すぎだと思っちゃうんですけど。これだけ年上の人に惹かれちゃうのは、晩婚の両親の影響かも。父は私が成人したときに70歳を越えてたのですが、すごく私をかわいがってくれて。溺愛されて育ったので、『父を私のものにしたい!』と思うくらい父のことが大好きでした。3年前に他界したのですけどね……」

 それって、亡き父の穴埋めで年上の彼と付き合ってるのでは?

「違うと思います。父が亡くなる前から、20歳以上年上の人が好きでしたから」

 また、Web制作会社勤務の恵美さん(24歳・仮名)も、Over40との結婚を夢見ている。

「うちは母子家庭でしたが、無意識に父親的な存在を求めるのか、どうしても年上を好きになりがち。“お父さん”っていう存在を知らないから、40代や50代でも父みたいとは思わず、恋愛対象に見えますよ」

 年の差がありさえすれば、20代の女のコを夢中にさせられるのかと思いきや、45歳男性と交際中のメーカー営業職の由美子さん(27歳)は、ボーイッシュな見た目に違わずあっさりとした意見をお持ちだ。

「彼とは年齢差を感じないほど気が合うし、同年代にはない尽くしぶりが最高です。デートプランはお任せだし、誕生日に手の込んだサプライズを仕込んでくれて。でも、結婚したくとも、メリットが見えないんですよね。彼の収入は月27万円で年の割に少ないし、もし今すぐ子供をつくったとしても子供が成人するときに旦那は65歳、介護の問題も出てきますし……」

 意外とシビアに見ている女子もいるのでご注意を。

取材・文/朝井麻由美
― 新事実 20代女子がOVER40男と結婚したがっている!【6】 ―

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中