“47の写真”で綴る AKB48チーム8劇場公演ゲネプロレポート

「会いに行くアイドル」をコンセプトに各都道府県からオーディションで選ばれたメンバー、計47人で4月より活動をスタートさせたAKB48チーム8。夏休みの期間を使い、現在、各グループの劇場にて「PARTYがはじまるよ」公演を行っている。8月12日にAKB48劇場で行われたゲネプロ取材を通して、彼女たちの魅力に迫った。

 12日の AKB 48劇場での公演に参加したのは吉川七瀬(千葉)、藤村菜月(愛知)、横道侑里(静岡)、服部有菜(岐阜)、山本亜依(三重)、橋本陽菜(富山)、北玲名(石川)、長久玲奈(福井)、近藤萌恵理(長野)、永野芹佳(大阪)太田奈緒(京都)、山田菜々美(兵庫)、山本瑠香(和歌山)、大西桃香(奈良)、濱咲友菜(滋賀)、人見古都音(岡山)の関西・中部を中心とした16人。

後列左より長久玲奈(福井)、太田奈緒(京都)、服部有菜(岐阜)、近藤萌恵理(長野)、藤村菜月(愛知)、北玲名(石川)、吉川七瀬(千葉)、人見古都音(岡山)、下段左より山田菜々美(兵庫)、山本瑠香(和歌山)、橋本陽菜(富山)、濱咲友菜(滋賀)、永野芹佳(大阪)、横道侑里(静岡)、大西桃香(奈良)、山本亜依(三重)

 Overtureが終わると「パーティ!」の声と共に公演がスタートする。大阪の永野芹佳がセンターポジションに入り、「PARTYが始まるよ」、「Dear my teacher」、「毒リンゴを食べさせて」の3曲を披露。その後のMCでは「AKB48夏祭りの思い出」をテーマにトークを展開した。滋賀の濱咲友菜は「妹グランプリ」で優勝したエピソードを披露し、「握手会のときにファンの人におめでとうって言われてすごく嬉しかったです」とストレートな表現で喜びの声を伝えた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=702988

 ユニットでは、「スカート、ひらり」に横道、永野、橋本、服部、太田が、「クラスメイト」には北、大西、山田、濱、山本瑠香、「あなたとクリスマスイブ」には長と人見、「キスはダメよ」には、藤村、山本亜依、近藤、そして「星の温度」には永野、太田、横道、吉川がそれぞれ登場し、見せ場を作った。

 後半MCでは「ドラえもんの四次元ポケットから出してほしいもの」を発表。太田が「ゆめまぼろしカタログ」がほしいとマイナーな道具を知っているアピールをしたが、「前日に必死に調べていた」とメンバーから暴露されていた。最後には永野が「私は四次元ポケットごとほしい」と本末顛倒なボケでメンバーを笑わせトークは終了。公演は後半戦へ。「桜の花びらたち」、「青空のそばにいて」を披露して本編は終了。

 アンコールでは「AKB48」、「スカート、ひらり」、「桜の花びらたち」、ダブルアンコールではAKB48チーム8スペシャルメドレー(言い訳Maybe~ポニーテールとシュシュ~ラブラドール・レトリバー~恋する充電プリウス)、チーム8のオリジナル曲「47の素敵な街へ」を披露。ゲネプロは幕を閉じた。

 まだ荒削りな部分の目立つ彼女たちだったが、溌剌とした表情と初々しさでまた違ったAKB48の魅力を見せてくれた。

 彼女たちのなかから他チームを圧倒するメンバーが出てくるか楽しみだ。

<取材・文・撮影/ヤスオ>

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中