PS Vitaに3DS版モンハン&ラブプラス 年末商戦は二大携帯ゲーム機の争いが激化

◆ PS VitaにTGS2011の会場が沸いた!

右肩下がりのゲーム業界、なんてささやかれる昨今。ところが、今年の東京ゲームショウは例年以上に盛り上がり、なんと来場者数は過去最多を更新した。その一番の理由は、12月17日発売のPSPの後継機「PS Vita」。ゲーム機では初めて有機ELディスプレイを採用し、3G回線機能も搭載という噂のマシンの国内初披露とあって、ゲームファンのみならず電子機器に目がないガジェット好きも押し寄せた。

 一方、苦戦が伝えられるニンテンドー3DSだが、12月10日発売のビッグタイトル『モンスターハンター3(トライ)G』や、『NEWラブプラス』の試遊が大盛況。ソフト不足から来る不満は、年末にかけて一気に解消されそうだ。

 今年のレジャーは自粛ムードもあり、近場でまったりがトレンドだとか。これはゲーム業界にとっては追い風。年末商戦は二大携帯ゲーム機の争いが激化する! そんな予感に満ちた活気溢れるゲームショウだった。

というわけで、東京ゲームショウ2011を彩った5大ブースを美女たちの笑顔とともに振り返ってみよう。

※SPA!取材班の独断と偏見によるコンパニオンのランキングも公開中
http://nikkan-spa.jp/59840

【SCE】
SCE 東京ゲームショウ2011の主役は、かわいいコンパニオン……ではなく、もちろんPS Vita。見た目はPSPとさほど変わらないが、進化した高解像度ディスプレイの映像は美麗の一言。前面と背面のマルチタッチの反応も良好だった。

 ブースには80台もの試遊機がズラッと用意されたが、どの列も終日、人、人、人の山。一般公開日には、あまりの人気に行列すら打ち止めになったというから、期待の高さがうかがえる。

 試遊できたPS Vitaタイトルは、『みんなのGOLF6』や『リッジレーサー(仮)』など31種類。なかでも注目は『SIREN』のクリエイター・外山圭一郎氏が手掛けた『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』。フレンチコミック的なアートワークとモーションセンサーを駆使した重力アクションが斬新で、体験したゲーマーからは早くも「神ゲー誕生」との声が挙がっていた。映像出展された、PS Vitaならではの3GとGPS機能を生かした位置情報ゲーム『モンスターレーダー』も好評。発売予定タイトルが充実しているPS Vitaのスタートダッシュはまず間違いないだろう。

【注目タイトル】
『GRAVITY DAZE』
上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動。12年2月発売予定のアクションアドベンチャー。重力を操る少女が空中都市を飛ぶ。浮遊感と爽快感のあるプレイ感覚は新鮮
GRAVITY DAZE

『みんなのGOLF6』
おなじみのゴルフゲーム最新作は、PS Vitaと同時発売予定。鮮やかな緑の芝が画面に映える! 全国対戦も白熱しそう
みんなのGOLF6

― 5分でわかる![TGS2011]まとめ【1】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中